中山美穂が『ザ・ノンフィクション』のナレーションに初挑戦!「“さしすせそ”が苦手なんです」

2019/10/19 15:00 配信

中山美穂が「ザ・ノンフィクション」日中共同制作シリーズのナレーションを担当

中山美穂が「ザ・ノンフィクション」日中共同制作シリーズのナレーションを担当

10月20日(日)放送の「ザ・ノンフィクション」(毎週日曜昼2:00-2:55、フジテレビ)で中山美穂がナレーションを担当する。中山がドキュメンタリー番組のナレーションを務めるのは初めての挑戦となる。

中山がナレーションするのは日中共同制作第8弾「ここがわたしの居場所 ~海を渡った熱血教師と教え子の涙~」。中国でインターネットを使って日本語講座を運営する49歳の日本人女性教師と、その教え子の中国人たちの物語だ。中山は今後の日中共同制作シリーズのナレーションをすべて担当する。

先日、都内で収録に臨んだ中山は「よろしくお願いします!」と笑顔の中に少し緊張を漂わせながらスタジオ入り。プロデューサーと担当ディレクターとともに真剣なまなざしでナレーション原稿の最終チェックを行った。

中山は「このイントネーションが分からない」と単語のイントネーションも細かく確認。そしてナレーションブースへ入った中山が発した柔らかな第一声に、プロデューサーからは思わず「中山美穂だ!」との声もあがった。

中山、収録は「楽しかったです!」 (2/3)

「ザ・ノンフィクション ここがわたしの居場所 ~海を渡った熱血教師と教え子の涙~」
10月20日(日)昼2:00-2:55
フジテレビ系

関連番組

関連人物