中山美穂、木村多江、大島優子が秘密を抱える3人の妻に! 「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」が放送決定

2019/10/19 08:00 配信

2020年1月スタートドラマ「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」に出演する中山美穂、木村多江、大島優子

2020年1月スタートドラマ「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」に出演する中山美穂、木村多江、大島優子

中山美穂主演のドラマ「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」が、2020年1月よりWOWOWにて放送されることが明らかになった。

本作は、丁寧かつ大胆な女性心理の描写に定評のある小説家・沢木まひろが脚本を書き下ろしたオリジナル作品。とあるマンションを舞台に、3人の妻とその家族に起きる「事件」を通して、それぞれの抱える秘密があぶり出されていく様子を描く“大人のドラマ”だ。

離婚率が30%とおよそ2分間に1組の夫婦が離婚している一方で、再婚率も64%に達しており、血縁関係のない親子や兄弟姉妹関係を内包している家族「ステップ・ファミリー」が増加している現代の日本。

核家族、大家族、単親家族、共働きで意識的に子供を持たない“DINKs”など、多様な家族のあり方が生まれており、今や「家族」という言葉の持つ意味すらも変化してきている。本作では、そんな現代のリアルな家族像も投影されている。

“3人の妻”の気になる役どころは?

主演の中山が演じるのは、家庭で「妻」「母」としての役割を全うしながら、官能作品で絶大な人気を誇る“レディコミ漫画家”という顔も持つ内田百々子。今の家庭は再婚により手にしたもので、大学生の息子と3人でごく普通の家族として生活している。

そんな百々子と同じマンションに住む友人で、夫に家事全般を任せるキャリアウーマン・富澤瑞希役には木村多江。そして、百々子が別れた夫の“イマ妻”で、百々子と同じマンションに引越してくる看護師・鴨居流美を大島優子が演じる。

3人がそれぞれ共演するのは、意外にも今回が初めて。三者三様の事情を抱えた現代女性をどのように演じるのか注目だ。また、3人の家族やそこに関わる登場人物たちを演じる追加キャストは、今後発表される。

「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」あらすじ

東京・二子玉川に建つ瀟洒なマンション。その最上階に住む内田百々子(中山美穂)は、官能作品で人気を誇るレディコミ漫画家であり、再婚相手と大学生の息子を家族に持つ母でもある。

同じマンションに住む富澤瑞希(木村多江)とは同い年の友人で、馴染みのダイニングバーでストレス解消も兼ねた近況報告を繰り広げる日々を送っていた。

そんなある日、マンションに新婚の夫婦が引っ越してくる。それは、20年前に百々子が別れた前の夫と、その新妻・鴨居流美(大島優子)だった。

元夫婦がそれぞれ再婚し、隣人同士となった稀有な状況。さらに、この新婚夫婦の引っ越しによって、百々子や瑞希が抱えていた“秘密”が炙り出されていくことに。3人の妻たち、そして3つの家族の関係は、単なるご近所付き合いではすまされない様相を呈していく。

キャスト3人からコメント! (2/2)

■「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」
2020年1月スタート
毎週土曜夜10:00-終了時間未定
WOWOWにて放送

関連番組

関連人物