井上真央が渥美清そっくりの“少年寅次郎”とのエピソードを明かす「なんて感受性の豊かな子なんだろう!」

2019/10/19 21:50 配信

ドラマ

国民的映画「男はつらいよ」シリーズで監督を務めた山田洋次が寅次郎の少年期を描いた「悪童 小説寅次郎の告白」をドラマ化した井上真央主演の「少年寅次郎」(毎週土曜夜9:00-9:50、NHK総合)。

脚本を岡田惠和が担当し、寅次郎の出生の秘密から戦争を挟んだ“悪ガキ”時代、そして妹・さくらに見送られて葛飾柴又から旅立つ14歳までを描く。

そんな同作の主人公は、映画シリーズには登場しない寅次郎の育ての親・光子。今回、光子を演じる井上に映画「男はつらいよ」シリーズの寅次郎役・渥美清そっくりの“少年寅次郎”との撮影エピソードなどを聞いた。

「一生懸命考えながら演じているんだなと思い、すごく愛しくなりました」


【写真を見る】井上真央にとって思い出の“寅ちゃん”とのシーン
【写真を見る】井上真央にとって思い出の“寅ちゃん”とのシーン(C)NHK


――寅次郎役の藤原颯音さんとの共演シーンが多いですが、藤原さんの第一印象を教えてください。

「この作品はうまくいくな」って(笑)。あの子を見た瞬間、みんなが思ったんじゃないでしょうか。わくわくしましたね。

――印象的だったシーンはありますか?

第1話(10月19日[土]放送)の寅ちゃんと光子が橋の上で話すシーンですね。あの場面は通常よりリハーサルを1回多くやりました。

あのシーンで寅ちゃんは「どうやって泣けばいいか分からない」と言っていたのですが、あのシーンの前にまるで大物俳優さんのようにすごく集中しだして、“寅ちゃんの集中待ち”みたいになって…。

おいちゃん(竜造)役の泉澤祐希さんから泣くお芝居をする時に「(心の)スイッチを押すんだよ」とアドバイスをもらっていたので、監督が「スイッチ押してあげるよ!」って押すしぐさをしたら、「さっき押したから今のでオフになった」とか言っていて、賢いなって思いました(笑)。

そうやって一生懸命取り組む姿を見ていると、寅ちゃんも大事なシーンと思っていてくれていたんだなと感じましたし、終わった後に走ってきて「お母ちゃん大好きだよ」って言って涙をこぼしたんです。「なんて感受性の豊かな子なんだろう!」と思いましたし、すごくうれしかったし…。

本人も大きな役をいただくのが初めてながらも、一生懸命考えながら演じているんだなと思い、すごく愛しくなりました。

「少年寅次郎」
10月19日(土)スタート(全5回)
毎週土曜夜9:00-9:50
NHK総合にて放送

出演:井上真央、毎熊克哉、泉澤祐希、岸井ゆきの、石丸幹二ほか
原作:山田洋次「悪童 小説寅次郎の告白」
脚本:岡田惠和
音楽:馬飼野康二
制作統括:小松昌代、高橋練
演出:本木一博、船谷純矢、岡崎栄

関連番組

関連人物