木村拓哉、型破りなシェフ役を演じる<グランメゾン東京>が「高級飯テロドラマ」で視聴熱第1位!

2019/10/21 18:10 配信

ドラマ

「グランメゾン東京」が第1位!

「グランメゾン東京」が第1位!

WEBサイト ザテレビジョンでは、10月20日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)37863pt

木村拓哉が型破りなフレンチシェフを演じるドラマが10月20日にスタートした。

パリで日本人初のミシュラン三つ星を獲れると期待されていたが、首脳会談で出した料理にアレルギー食材を使ってしまったことで表舞台から消え去ったシェフ・尾花(木村拓哉)。借金取りに追われる日々のなか、フランス一の三つ星レストランで面接を受けていた倫子(鈴木京香)と出会う。

尾花に実技テストのアドバイスを受けるも、自分の得意な料理で勝負して面接に落ちてしまった倫子。尾花と再び会った倫子は、尾花が作った料理のおいしさと、自分の実力のなさに思わず涙をこぼした。尾花は、一口食べただけで使われている食材と調理行程が分かる絶対味覚を持ちながらも自分の店で「星が獲れなかった」という倫子に、一緒に店を作らないかと提案する。

日本に帰国し、スタッフ集めを始めた尾花と倫子だが断られ続ける。かつてパリで尾花と一緒に働いていたギャルソンの京野(沢村一樹)も断る。そんななか、倫子は、オーナー・江藤(手塚とおる)のもとでシェフを務める丹後(尾上菊之助)の店から引き抜きの話がくるが、そこでギャルソンをしていた京野を逆に引き抜く。

料理のためならどんな犠牲もいとわないという尾花を演じる木村。かつての仲間から避けられるも、圧倒的な存在感を放つ役どころが注目された。また、料理をする木村の手際の良さ、生み出される一品に多くの視聴者が引き付けられ、「高級飯テロドラマ」と話題に。

ラストではパリの有名料理誌編集長・リンダ(冨永愛)のせりふで、尾花のアレルギー食材混入事故が、誰かがわざと混入させた“事件”だとも語られた。それを絡めながら、三つ星獲得を目指して動き始めた倫子たちの店「グランメゾン東京」がどう展開していくのかに関心が寄せられている。

「#いだてんラグビー観戦」で大盛り上がり<いだてん> (2/3)

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆


◆2019年 秋ドラマをラインアップ!◆

関連番組