高橋一生×蒼井優「ロマンスドール」の主題歌をnever young beachが担当!『兄だけど。好きです』

2019/10/22 15:07 配信

never young beachが、主演・高橋一生、ヒロイン・蒼井優による映画「ロマンスドール」の主題歌を担当

never young beachが、主演・高橋一生、ヒロイン・蒼井優による映画「ロマンスドール」の主題歌を担当

主演・高橋一生、ヒロイン・蒼井優による映画「ロマンスドール」(2020年1月24日[金]公開)の主題歌を、never young beachが担当することが分かった。

型破りな設定とセンセーショナルな展開で話題に!

ロマンスドール」は、一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描き、“ラブドール職人”という型破りな設定とセンセーショナルな展開で、話題となったラブロマンス小説。原作者のタナダユキが、自ら脚本・監督を手掛け映画化される。

主演の高橋は、妻への愛情をうまく伝えることのできない不器用さと、複雑さを併せ持つ主人公・北村哲雄役。一方の蒼井は、良き妻でありながら、胸の中の秘密を打ち明けられない園子を繊細に演じている。

また、共演には浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら、実力派俳優陣が集結した。

唯一無二な世界を彩る主題歌

そして、本作の主題歌をnever young beachが書き下ろしたことが明らかに。タナダ監督は「never young beachを知ったのは3年近く前のこと。いつか、何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれがかないました」と明かす。

今回の起用について、never young beachは「愛するということは、許すということなのかな。そんなことを思い作りました」と語り、主題歌を聞いた高橋は「兄だけど。好きです」とコメントを寄せた。

さらに、タナダ監督も「その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をも優しく肯定してくれているようで、深く、温かく胸に響き、感極まりました」と大絶賛。

never young beachは、主題歌に加え劇中歌も手掛けており、心地良くも登場人物の心情に寄りそったサウンドで、「ロマンスドール」の唯一無二な世界を彩っている。

never young beach、タナダユキ監督からのコメントを紹介 (2/3)

映画「ロマンスドール」
2020年1月24日(金)全国ロードショー

<スタッフ>
脚本・監督:タナダユキ
原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)
配給:KADOKAWA

<キャスト>
高橋一生、蒼井優、浜野謙太、三浦透子、
大倉孝ニ、ピエール瀧、きたろう、渡辺えり

【HP】romancedoll.jp

関連番組

関連人物