佐久間由衣、“隠れビッチ”役に「お嫁に行けなくなるのかなと…(笑)」初主演を振り返り涙も

2019/11/05 10:13 配信

映画「“隠れビッチ”やってました。」の完成披露舞台あいさつが11月4日、東京・六本木で開催中の「第32回東京国際映画祭」の中で行われ、主演の佐久間由衣をはじめ、村上虹郎大後寿々花小関裕太三木康一郎監督が登壇。

「“隠れビッチ”やってました。」の舞台あいさつに登場した三木康一郎監督、小関裕太、佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花(写真左から)

「“隠れビッチ”やってました。」の舞台あいさつに登場した三木康一郎監督、小関裕太、佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花(写真左から)

佐久間は1年半前にオファーが来たときの心境を「私、お嫁に行けなくなるのかな…と思ったんですが(笑)、精神的なビッチさ、承認欲求と向き合う話だったので、ぜひ出演させていただきたいと思いました」と笑顔で振り返りつつ、涙を見せる場面もあった。

原作は、イラストレーターのあらいぴろよが実体験を基に描いたコミックエッセー。

異性にモテることが趣味の26歳の独身女性・ひろみ(佐久間)は、絶妙なスキンシップと会話術で異性をもてあそび、告白させたら即フェードアウトして自尊心と承認欲求を満足させていた。

同居人のコジ(村上)と彩(大後)があきれ顔でたしなめる中、ひろみは数年ぶりにできた気になる相手・安藤(小関)に振られ、やけ酒で酔いつぶれているところを同僚の三沢(森山未來)に目撃され…というラブコメディー。

映画「“隠れビッチ”やってました。」の完成披露舞台あいさつより

映画「“隠れビッチ”やってました。」の完成披露舞台あいさつより

監督からの厳しい指導も…!

ハイテンションが続く芝居について尋ねられ、「終始大変でした。監督の『違う、違う、違う、違う』という厳しい指導で何とか乗り切ったという感じでございます」と佐久間。

だが、監督は素知らぬ顔で「全部佐久間さんに任せました」と言い、詰め寄られると「1シーン1シーン丁寧に正解を探していったってことですね」と乗り切った。

登壇前、村上の衣装に「闘牛士かよ!」とツッコミを入れていたことを暴露された監督は、村上とMCの質疑応答中も明後日の方を向き「ね、監督?」と同意を求められても「…興味ないから聞いてないんだよね」とバッサリ。

村上虹郎

村上虹郎

内容にちなんでキャスト陣が「気になる異性への必殺モテテクニック」をパネルで発表する企画が始まると「俺はないの?」と言ったり「イケメンじゃないとキモいって言われる」とツッコんだり、自由気ままだったが、内容については「タイトルにびっくりされると思いますが、すごく身近な物語です。

特にテーマもメッセージもなく何も起こらない、女の子の、ささいな出来事をどう伝えるかをずっと考えながら撮っていました。恋や人生に疲れていろいろあると思いますが、見た方がちょっとだけでも前向きになれればいいなと思います」としっかりコメント。

会話が弾み過ぎて… (2/4)

映画「“隠れビッチ”やってました。」
12月6日(金)全国公開

関連番組

関連人物