“10代の新たな才能”が決定! 植田真梨恵ら“先輩”アーティストも歌でエール

2019/11/05 20:57 配信

Being Group「九州Teen'sオーディション2019」のファイナリストによる最終パフォーマンス審査が行われ、各部門のグランプリが決定

Being Group「九州Teen'sオーディション2019」のファイナリストによる最終パフォーマンス審査が行われ、各部門のグランプリが決定

Being Groupの「九州Teen'sオーディション2019」各部門のグランプリが決定した。

10代の新たな才能を発掘

アクターズ部門のグランプリは、熊本出身の北里琉さん(10)

アクターズ部門のグランプリは、熊本出身の北里琉さん(10)

「九州Teen'sオーディション2019」は、九州エリアで10代の新たな才能を発掘するために始まったもの。

2カ月間の応募期間で総勢約800人の応募があり、書類選考を含む3度の審査を経て、11月4日にファイナリスト(アーティスト部門5人、アクターズ部門2人)の最終パフォーマンス審査が行われた。

アクターズ部門のグランプリは、熊本出身の北里琉さん(10)が受賞し、「優しくて、元気で、強い人たちがたくさんいる、熊本県が大好きです。熊本地震のときに多くの芸能人が被災地を訪れて、たくさんの元気をくれたことが1番心に残っているので、私も笑顔と元気と勇気を届けられるような存在になりたい」とスピーチ。

また、準グランプリには福岡出身の峰松莉々さん(12)が選ばれた。

一方、アーティスト部門のグランプリに輝いたのは福岡出身のパイク琉華シャロンさん(11)。

ナオミ・スコットの「Speechless」を歌いその高い歌唱力と表現力が審査員から絶賛され、さらに授賞式では特典として12月に開催される「クリスマスマーケット天神ステージ」への出演も発表された。

準グランプリは、工藤静香の「嵐の素顔」で小学生とは思えない色気をまとった歌声を審査員から高く評価された福岡出身の深野寧音さん(11)。

そして、JESSIE Jの「Mamma Knows Best」を歌唱した福岡出身の木下楽来さん(16)が、審査員特別賞を受賞した。

植田真梨恵ら、福岡出身アーティストがゲストライブ

【写真を見る】福岡・久留米市出身の植田真梨恵は真っ赤なワンピースで登場! 参加者に歌で熱いメッセージを送った

【写真を見る】福岡・久留米市出身の植田真梨恵は真っ赤なワンピースで登場! 参加者に歌で熱いメッセージを送った

この日は、福岡出身の3組のアーティストがゲストライブを実施。

オープニングを飾った柳川市出身のシンガーソングライターのRanは「10代のたくさんの若い才能に出会って、私もすごく刺激を受けています」と熱いパフォーマンスで参加者にエール。

また、“世界に1つでも多くの笑顔を増やすため”に結成された3人組ユニット・WORLD LAUGHは、観客を巻き込んだ熱く笑顔あふれるライブを展開。少し肌寒い、この日の会場全体を熱気に包んでいく。

最後は、久留米市出身のシンガーソングライター・植田真梨恵が登場。

自身もオーディションに参加したことがある経験から、「15歳のころから歌手になるのが夢でした。今日、オーディションを見ていたら、昔のことを思い出しました。心の中にある夢に向かって頑張っている人たちに、すてきな音楽が届けばいいなと思っています」と、参加者に歌で熱いメッセージを送った。

オーディション実行委員会からは「九州エリアに特化することで、密度の濃いレベルの高いオーディションが実施できたと思う。今回受賞した彼女たちの未来にも期待しているし、来年以降も多くの協力企業様と一緒に定期的に開催するオーディションとして運営していきたい」と、2020年に向けた展望も飛び出した。

「九州Teen'sオーディション2019」
【HP】beinggiza.com/audition/qteen19/

関連人物