<テセウスの船>鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里が出演決定! 竹内涼真の両親・妻役に

2019/11/06 06:00 配信

「テセウスの船」で、鈴木亮平(左から2番目)と榮倉奈々(左端)が主人公・心(竹内涼真/右から2番目)の両親、上野樹里(右端)が妻を演じる

「テセウスの船」で、鈴木亮平(左から2番目)と榮倉奈々(左端)が主人公・心(竹内涼真/右から2番目)の両親、上野樹里(右端)が妻を演じる

竹内涼真が主演を務める、2020年1月スタートの日曜劇場「テセウスの船」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)に、鈴木亮平榮倉奈々上野樹里の出演が決定。3人が意気込みを語った。

鈴木亮平と榮倉奈々は両親、上野樹里は妻役

テセウスの船」は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による同名漫画が原作。謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーが支持されている壮大なミステリーだ。

平成元年に起こった連続毒殺事件を巡り、父と子が過去を変えようと事件の謎に立ち向かう。

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内)は、母・佐野和子(榮倉)や姉、兄と共に加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野)から、「自分の父親を信じてみて」と言われ、心は父と向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、事件直前の平成元年に突然タイムスリップしてしまう。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会う…。

鈴木が演じる心の父・佐野文吾は、村の駐在警察官で、底抜けに明るく豪快な二児の良き父親、そして家族からも村人からも愛される男。

心はタイムスリップした過去で文吾の人柄に初めて触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生えていく。

榮倉が演じる心の母・佐野和子は、明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さんで、大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましい母親。榮倉は、平成元年の34歳の和子と、現代の65歳の和子を1人で演じる。

上野が演じる心の妻・田村由紀は、柔らかな笑顔で心を包み込む慈悲深い女性。心の父親が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚し、待望の子どもがおなかの中に。

忌まわしい過去と憎らしい父親から目を背けていた心に、父親を信じて事件に向き合ってみるよう背中を押す、重要な役どころとなる。

鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里が意気込みを語る (2/2)

日曜劇場「テセウスの船」
2020年1月スタート
毎週日曜夜9:00-9:54
TBS系で放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物