WANDS、新ボーカルを迎え第5期始動へ! 柴崎浩「続きをやってみたくなった」

2019/11/13 14:39 配信

WANDSがキーボード・木村真也、ギター・柴崎浩、新ボーカル・上原大史(写真左から)の3人で第5期をスタートさせる

WANDSがキーボード・木村真也、ギター・柴崎浩、新ボーカル・上原大史(写真左から)の3人で第5期をスタートさせる

ロックバンド・WANDSが新たなボーカルとして上原大史を迎え、ギター・柴崎浩、キーボード・木村真也と共に復活を果たすことが決定。

WANDS第5期”始動の第1弾として、11月17日(日)にライブを行い、2020年1月29日(水)には約21年ぶりとなる新曲をリリースすることが分かった。

令和を迎え再び動き出すWANDS


WANDSは、1991年のデビューから2000年3月の解体(解散)までに「もっと強く抱きしめたなら」「時の扉」「世界が終るまでは…」「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」など、16枚のシングル(コラボ含む)と5枚のオリジナルアルバムをリリースし、シングル5枚とアルバム3枚でミリオンを記録。

その間、第1期(1991年~1992年。上杉昇、柴崎、大島こうすけ)、第2期(1992年~1996年。上杉、柴崎、木村)、第3期(1997年~2000年。和久二郎、杉元一生、木村)と、メンバーチェンジを重ね、活動してきた。

解体後も再結成を望む声は寄せられていたが、デビュー25周年の2016年以降、そして2018年にDAIGOが「もっと強く抱きしめたなら」をカバーをするとさらにその声は大きくなり、DAIGOのカバーアルバム制作に携わったプロデューサー・長戸大幸WANDS再構築に向けて動き出すことを決意。

同時期、大島と柴崎もWANDSの再始動について考えていることを知った長戸は、かねてよりボーカリストとして高く評価していた上原を彼らに引き合わせる。

上原の歌声や表現力、圧倒的な歌唱力はWANDSサウンドを構築するにふさわしいと一同の思いは合致し、楽曲の制作を開始(第4期)。

その後、大島が楽曲提供などの制作に専念するため木村が合流し、第5期WANDSとしての活動が始まった。

「DFT presents 音都 ONTO vol.6」
11月17日(日)大阪・堂島リバーフォーラム

シングル「真っ赤なLip」
2020年1月29日(水)発売
通常盤、タイアップ盤:各1000(税別)
【HP】wands-official.jp

■第5期WANDS teaser movie


関連人物