今田美桜の“ナースコスプレ”にファン沸騰「激カワ」「入院したい…!」<ドクターX>

2019/11/15 09:45 配信

今田美桜演じる大間正子の“昼と夜”のナース姿が可愛い!
今田美桜演じる大間正子の“昼と夜”のナース姿が可愛い!「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」5話場面写真 (C)テレビ朝日


米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第5話が11月14日に放送された。新人看護師・大間正子(今田美桜)の“夜の顔”が明らかになり、ファンを沸かせている。(以下、ネタバレがあります)

青森出身の真面目な働き者!


同ドラマは、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が孤高の戦いを繰り広げる人気シリーズの最新作。

第5話では、日本看護師連合会名誉会長・三原雅恵(岩下志麻)の手術エピソードが描かれた。かつて未知子に孫を救われた雅恵だったが、自身の検査や治療は一切拒否。その背景には衝撃的な秘密があり…という展開だった。

そんな第5話で注目を集めたのが、新人看護師・正子。青森出身の正子は津軽弁が印象的なキャラクターで、実家に仕送りするため病院には内緒で“副業”をしていることが判明した。

その“副業”とはなんとガールズバー「ナースステーション」でのアルバイト。しかも、院内ではまだ新人でオドオドしたところのある正子だが、ガールズバーでは意外と積極的。

客として訪れた加地(勝村政信)、原(鈴木浩介)、多古(戸塚純貴)に「紹介します、新米の“マサちゃん”でーす!」と紹介され「いらっしゃいませ~!」と元気いっぱいご挨拶。病院のナース服とは違ったデザインの“ナースコスプレ”姿で登場。

「大間さん!?」と驚く3人に「ここではマサちゃんでいいですか…」と目くばせし、「もっと働いて実家に仕送りしたいんです。はい、部長さん!血圧計りますよぉ」とサービス満点のおもてなしを見せた。

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」5話場面写真 (C)テレビ朝日
「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」5話場面写真 (C)テレビ朝日


「ドクターX~外科医・大門未知子~」
毎週木曜夜9:00-9:54 
テレビ朝日系で放送

◆2019年 秋ドラマをラインアップ!◆


関連番組

関連人物