鶯籠、初のバンドセットツアー完走!12月O-WEST公演にてメジャーデビューシングル詳細解禁

2019/11/17 23:07 配信

鶯籠

鶯籠

提供:Uguisu Records/KING RECORDS

5人組アイドルユニット・鶯籠(とりかご)が11月17日、東京・渋谷WWWにて、「新宿・渋谷バンドセットツアー //「屋根裏」in 渋谷WWW」を開催。ライブ終盤には12月13日(金)に東京・TSUTAYA O-WESTにて『梨2019 Vol.2』の開催決定と、そこでメジャーデビューシングルの詳細情報が解禁されることが発表された。

今回の新宿・渋谷バンドセットツアーでは11月14日に東京・新宿LOFTにて「始祖」、15日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて「プロペラ」を開催し、本公演が最終公演の「屋根裏」となった。

「屋根裏」ライブレポート

バンドメンバー、鶯籠メンバーがステージに登場し、『流転』からライブはスタート。その後はシリアスな雰囲気が漂う『赤い春』へと続き、『B突堤』『頻く頻く』『泪』と畳み掛けるように楽曲は続いていく。

『JAM』『自分で蒔いたの。種は。』はメンバーがフロアと掛け合いをしているかのような空間を作り出し、幻想的な空気に包まれ『森』まで8曲連続の披露で駆け抜けた。

鶯籠・PINOCO

鶯籠・PINOCO

撮影:釘野孝宏

曲明けのMCでは、点点が「ツアーファイナル盛り上がってますかー!」とフロアに呼びかけ、次に今回のツアータイトルにもなっている『始祖』『プロペラ』『屋根裏』を披露することを紹介。今回初披露となる『屋根裏』の紹介ではメンバーそれぞれから“みんな共感できる曲” “懐かしく感じる” “一人の人生を見ているような曲” “散歩している時に聞きたい” “自分の中の落差がある曲”などさまざまな感想が語られた。

その後、今回の新宿・渋谷ツアーで初披露をしていった『始祖』『プロペラ』、今回のライブで初披露となった『屋根裏』を3曲連続で披露。『プロペラ』ではメンバーが円になって回転する振付に合わせ、ファンも同様に回転するなどステージとフロアがシンクロする場面もあった。新曲の初披露の後は集まったファンと集合の記念撮影を行い、本編は終了した。

ダブルアンコール披露も (2/3)

◆『鶯籠』公式HP
https://toricago.info/

◆『鶯籠』公式Twitter@toricago_o
ライブ名:梨2019 Vol.2
日程:12月13日(金)
会場:TSUTAYA O-WEST

関連人物