東京03・角田晃広が明かす「いだてん」撮影秘話『人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)』

2019/11/17 23:21 配信

旧知の仲である“大河俳優”2人がトーク!

旧知の仲である“大河俳優”2人がトーク!

11/17(日)に「大河ドラマ『いだてん』トークツアーin佐賀県有田町」が開催された。

今回登壇したのは、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、森西栄一を演じている角田晃広。イベントのMCは、大河ドラマ「真田丸」(2016年)に出演していた大野泰広が務めた。実は、「爆笑オンエアバトル」(NHK総合ほか)で共演歴のある大野と角田。旧知の仲である2人が会場を盛り上げた。

人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)

角田が演じる森西は、タクシー運転手から聖火リレー踏査隊に志願し、2万キロを走破してコースを調査した人物。11月10日の放送では、過酷な調査から帰国した森西が、陸路で聖火を運ぶことが難しいと報告する際の「『タクラマカン(砂漠)』ってウイグル語でどういう意味か知ってます? “帰れない場所”または死、だってよ!」というせりふで視聴者の笑いを誘った。

実は、第1回から古今亭志ん生(ビートたけし)を乗せるタクシー運転手として出演している角田。「『いだてん』で最初に役者が誰がしゃべったかというと、第一声は僕だったんですよ」と話し出す。

「僕は人力舎という事務所で、先輩にはアンジャッシュやドランクドラゴンがいるんです。『龍馬伝』(2010年)の第一声はアンジャッシュの児島(一哉)さんだったらしいんですよ。で、ドランクドラゴンの塚地(武雅)さん本人から聞いたんですが、『西郷どん』(2018年)の第一声は塚地さんだったそうです。人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)」と衝撃(?)の告白を。

初回、そして第6回(2月10日放送)に出演していた角田だが、「撮影が終わった時にスタッフから『最終章で時代が戻った時に、ひょっとしたらまた撮影があるかもしれませんね』と言われたんですが、社交辞令だと思っていたんですよ。そうしたら、秋ぐらいにマネージャーから電話がかかってきて、『また収録があります』って聞いて。またタクシーの運転手だと思ったら、『委員会に入るみたいです』言われて『別人の役として入るの?』って。そのときは森西さんの事も知らなかったので」と、森西としての出演はサプライズだったそう。

MCの大野も「真田丸」に出演した際、当初は1家臣だったが途中から“河原綱家”という名前付きの役になった経験を持つ。「いだてん」最初のせりふは角田だったが、大野は「真田丸」最後のせりふを言う役だったということで、角田が大泉洋演じる真田信之を演じ、真田丸のラストシーンを再現する一幕も。

ビートたけし&小泉今日子との共演エピソードを披露 (2/3)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

◆大河ドラマ「いだてん」ニュースまとめ◆

関連番組

関連人物