井上咲楽、ゆきぽよらの“ブーツ脱げない女子”悪臭トークにSNS阿鼻叫喚<ホンマでっか!?TV>

2019/11/24 23:44 配信

就寝時の冷え性対策靴下やパジャマを1シーズンに1回しか洗わないと明かし、さんまを驚かせた井上

就寝時の冷え性対策靴下やパジャマを1シーズンに1回しか洗わないと明かし、さんまを驚かせた井上

11月20日に放送された「超ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、井上咲楽アップアップガールズ(2)鍛治島彩バービー(フォーリンラブ)、水野裕子ゆいP(おかずクラブ)、ゆきぽよがゲスト出演。足の悪臭に悩むブーツ脱げない女子として、さまざまな工夫や失敗談を赤裸々に語り、スタジオや視聴者たちを騒然とさせた。

実に7割以上の女性が気にしているという足のニオイ。最新型ニオイチェッカーで測定したところ、ブーツの着用時間などは異なるものの、全員が異臭レベル以上と判明した。なかでも要注意レベルを叩き出した井上の「朝からずっと(ショートブーツを)履いてます」という足のニオイは、靴下を脱いだ時点で広がり、隣に座っていたゆきぽよが「納豆を3か月ぐらい常温で発酵させる」ようなニオイと表現したほど。ほかにも、“居酒屋の座敷に通されたために店員に許可を得てブーツのまま上がった”“アキレス腱断裂のため約2か月装着し続けた患部保護装具からゴルゴンゾーラ臭”“実家では洗濯機を使わせてもらえず自分の靴下だけ手洗い”“自分専用の靴箱が玄関の外にあった”“靴擦れに貼った絆創膏すら臭う”“足の爪の横部分に黒いカス(垢)が溜まる”“タイツやストッキングにブーツを合わせると排泄物臭がする”などなど、クサい話が続々と飛び出すためにスタジオは悲鳴が上がりっぱなし。

評論家陣の解説によると、足の悪臭の原因は細菌の排泄物で、足からはがれた角質を細菌が摂取して納豆臭のするイソ吉草酸やアンモニア臭の含まれた排泄物を出すために悪臭が発生するという。さらに身体の構造や靴の中の環境にも原因があり、足の裏は身体の他の部分より5倍ほど汗をかくため、ブーツを履いた30分程後には中の湿度は90%以上に上昇。男性のファッションに多い靴下と革靴の組み合わせでは雑菌が4倍増殖するのに対し、女性のファッションに多いストッキングとブーツの組み合わせでは23倍にも増殖するのだという。

悪臭対策としては、室内でも通気性の良い綿やシルク製の5本指ソックスや5本指ストッキングの着用を心掛け、毎日同じ靴を履かずに2~3足でローテーションを組んで殺菌済みの靴を履く、脱いですぐ靴箱に入れずに乾燥させてからしまうといった方法が効果的。とくに、足の裏や指の間を柔らかいブラシなどでていねいに洗うことが重要で、汗腺を締めて汗を防ぐミョウバン足湯なども効果アリと評論家陣からアドバイスされたところ、バービーが「洗った方がいいんですか?私いつもお風呂入るときは脇とココ(下半身)しか洗わないんですよ」と爆弾発言。さらに井上は、冷え性対策として履いている4枚重ねの冷えとり靴下を「夜寝る(ときの)やつだからいいかなって」と1シーズンに1回程度しか洗っていないことが発覚。さすがの事態に明石家さんまが「えっ!?おまえ、今なに言うた?」「こいつアホや!」「靴下なんて毎日変えな!」と声を上げたが、慌てた井上が「いやでもパジャマ毎日洗わないじゃないですか」とパジャマも1シーズンに1回程度しか洗わないと明かしてスタジオは阿鼻叫喚。「えっ!?だってだってお風呂に入った後じゃないですか!」と必死に反論するも、スタジオのみならずSNS上でも「ないない、ありえない!」「私も足クサだけど毎日洗濯するよ!?」「やばい、洗濯も入浴も保湿も毎日しっかりやらないとああなるのね…」といったドン引きする声が続々と上がる事態となった。

次回の「ホンマでっか!?TV」は放送日未定。ホラン千秋ら“怒れる芸能人”が出演し、腹の内に溜まっていた怒りを吐露する予定。

関連番組

関連人物