橋本愛が田舎町の抱える“闇”に迫る! 「連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺⼈事件」が放送決定

2019/11/26 06:00 配信

ドラマ

「連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺⼈事件」で主演を務める橋本愛

「連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺⼈事件」で主演を務める橋本愛

WOWOWでは、橋本愛が主演を務める「連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺⼈事件」を、2020年3月より放送することが明らかになった。

同ドラマは、映画化もされた「孤狼の血」(角川文庫)などで知られる柚⽉裕⼦による同名小説が原作。現代⽇本をむしばむ病巣を容赦なくむき出しにする⼀⽅で、市井の⼈々への温かなまなざしも忘れてない作品だ。

橋本演じる主人公・聡美は、本来の希望ではない福祉課で働く市役所の新⼈嘱託職員。彼女は、信頼していたベテランケースワーカー・⼭川があるアパートで焼死体で発⾒されたことをきっかけに、福祉や市政、医療を取り巻く“町の闇”に巻き込まれていく。

「パレート」とは、「組織では全体の約2割の⼈間が⼤部分の利益をもたらしている。そこで有⽤と思われる2割にあたる⼈間を外したところ、残りの8割の中から2割の⼈間が新たに利益を⽣み始める」という、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが唱えた経験則「パレートの法則」から取られたもの。

本作のタイトルには、「“パレートの法則”を曲解すれば、社会から⽣活保護受給者は決していなくならないということになるかもしれないが、いつでも誰もが“8割”側に転落する可能性を秘めている。そして、そこから這い上がる⼈も多くいる。だから弱者を弱者と単純に切り捨ててはならない」という警鐘が込められている。

一⼈のケースワーカーの死は何を意味し、何を残すのか。そして、誰がこの町の未来を本当に輝かせるのか。聡美は、「善と悪」や「職務への責任感と個⼈の感情」のはざまで揺れ動きながらも、⼈⽣の意義と町の未来を模索していくさまざまな登場⼈物たちと出会っていく。後⽇追加で発表される、個性豊かな共演陣にも注⽬だ。

■「連続ドラマW パレートの誤算〜ケースワーカー殺⼈事件」
2020年3⽉スタート
WOWOWプライムにて放送
https://www.wowow.co.jp/dramaw/pareto/

関連番組

関連人物