<国民的美少女>井本彩花が“マジョ”に!「独特な世界観をうまく表現していけたら」

2019/12/02 05:00 配信

井本彩花が2020年1月期ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演することが決定

井本彩花が2020年1月期ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演することが決定

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」(2017年)でグランプリを獲得した女優・井本彩花が、2020年1月スタートのドラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)に出演することが分かった。

同作は「バカ」「ヲタ」「ロボ」ら、「さいのたま女子高等学校(さいじょ)」に通う女子高生=JKたちが“JK生活”を無駄に浪費する日常を描いた学園コメディー。

原作者のビーノが「ニコニコ静画」に投稿していた作品で、2015年からウェブコミック配信サイト「ComicWalker」で連載がスタート。現在は「コミックNewtype」で連載されており、コミックスも6巻まで刊行されている。

ドラマ版は主人公の“バカ”こと田中望役を岡田結実が務め、彼女といつもつるんでいる、アニメや漫画を愛するツッコミ系腐女子の“ヲタ”こと菊池茜役を恒松祐里、頭は良いが感情が死滅している、天才少女の“ロボ”こと鷺宮しおり役は中村ゆりかが務める。

幼少期以来、久々にバッサリショートヘアにした岡田のビジュアルも大きな話題を呼んでいた。

ほか、さいのたま女子高等学校の1年2組担任・佐渡正敬(ワセダ)を町田啓太が演じる。

井本彩花は何役? (2/2)

金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」
2020年1月スタート
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる

<スタッフ>
原作:ビーノ『女子高生の無駄づかい』(角川コミックス・エース)
脚本:田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団 東京マハロ)、
角田貴志(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団 贅沢貧乏)、
安藤奎(劇団 アンパサンド)、玉田真也(劇団 玉田企画)
監督:山本大輔、日暮謙、中島良、洞功二ほか
制作:テレビ朝日、MMJ

<キャスト>
岡田結実、恒松祐里、中村ゆりか、町田啓太ほか

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物