柄本佑、前田敦子、三浦透子出演の「素敵なダイナマイトスキャンダル」はもうひとつの「全裸監督」だ! <ザテレビジョンシネマ部>

2019/12/06 07:00 配信

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

2019年に作られた数多い映像作品の中で、とびきりの話題作のひとつに挙げられるのが、Netflixで全世界配信されている武正晴総監督の『全裸監督』(全8回)だろう。80年代、“ビニ本の帝王”から“アダルトビデオの帝王”へと駆け抜け、「ナイスですね!」の決めゼリフとともに世間を騒がせたエロの巨匠、村西とおる。彼の破天荒な生き様を山田孝之が快演(怪演)し、バブル景気に向かう日本社会を巻き込んでの狂騒の日々を描く。

本作は70年代後半から80年代にかけての米ポルノ業界を背景にしたポール・トーマス・アンダーソン監督の『ブギーナイツ(1997)』や、ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者を描いたミロス・フォアマン監督の『ラリー・フリント(1996)』の日本版という声が多く挙がっているが、それも当然にして納得と言える面白さだ。

だが、ここで注目! このドラマ作品に先駆けて、もうひとつの『全裸監督』と呼べる傑作が2018年に発表されていたのである。それが伝説のカリスマ雑誌編集長、末井昭の波瀾万丈の半生を映画化した冨永昌敬監督の『素敵なダイナマイトスキャンダル』(12月21日夜10:00 WOWOWシネマほか)だ。主人公、末井を演じるのは柄本佑。70年代から80年代にかけて、カルチャー・エロ雑誌出版のハチャメチャな隆盛期を描いた業界実録ものであり、特濃かつ異色の青春映画でもある。

奇しくも村西とおると同じ1948年生まれ (2/3)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
素敵なダイナマイトスキャンダル
WOWOWシネマ 12/21(土)よる10:00
WOWOWシネマ 1/10(金)深夜1:15

関連番組

関連人物