要潤「“ONE TEAM”で最後まで乗り切った」と明かす<悪魔の弁護人・御子柴礼司>

2019/12/03 18:47 配信

「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」の会見に登場した津田寛治、要潤、ベッキー

「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」の会見に登場した津田寛治、要潤、ベッキー

12月7日(土)スタートのオトナの土ドラ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」の制作発表会見が3日に都内で行われ、要潤ベッキー津田寛治が登壇した。

本作は、中山七里の傑作ミステリー「弁護士・御子柴礼司」シリーズ既刊4作をドラマ化。どんな依頼人でも必ず勝たせる悪魔の弁護人・御子柴礼司(要)と、御子柴法律事務所の事務員・日下部洋子(ベッキー)、御子柴と対立する検察官・岬恭平(津田)を軸にストーリーが展開されるヒューマン法廷ミステリーだ。

プロデューサーからのコメントで「東海テレビが勝負をかけるとき、必ずそこに要さんが居る。つまり、東海テレビの命運は要さんが握っている」と紹介された要は、「東海テレビさんのドラマはメッセージがすごく込められていて、本当に素晴らしい原作のもと、キャストの皆さん、スタッフの皆さんと自信をもって作り上げましたので、是非皆さん楽しみにしていてください」と話した。

また、ベッキーはプロデューサーからのコメントで「衣装合わせの際に真剣にメモを取っていた姿が印象的で、真摯に役に向き合う姿はすてきな女優さんです」と紹介されると、「バラエティータレントのベッキーです」とあいさつし、笑いを誘った。

津田「要さんにかなり勉強させてもらいました」 (2/2)

「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」
12月7日(土)スタート
毎週土曜夜11:40-0:35
フジテレビ系で放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物