元NGT48菅原りこ、“あな番”で研究した「大人の女性の身振り」

2019/12/14 07:10 配信

三谷幸喜原作、佐藤B作主演の舞台「『罪のない嘘』〜毎日がエイプリルフール 〜」に出演する元NGT48の菅原りこがその意気込みを聞かせた

元NGT48の菅原りこが2020年1月9日(木)から全国6都市で上演される佐藤B作主演の舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール~」に出演する。

三谷幸喜が1996年に劇団東京ヴォードヴィルショーのために書き下ろしたシチュエーションコメディー「アパッチ砦の攻防」が原作で、今回が9年半ぶりの上演となる本作。

菅原は、佐藤演じる父親に婚約者を紹介しようとする娘・ちよみという、物語を動かすきっかけとなる重要な役を務める。

借金を抱えてかつて住んでいたマンションを数日前に売却してしまったことを知られたくない父親は、その部屋に忍び込んで娘と婚約者を迎えることに。だが、そこにさまざまな人物が現れ、ドタバタ模様が繰り広げられるという三谷作品らしい物語を展開する。

NGT48卒業後初の舞台となる菅原の今回の作品に向ける意気込みは…?

両親に私のことを"ちよみ"って呼んでもらっています

――記者会見では「共演者の皆さんの演技を見て、勉強したい」というコメントに対して、佐藤B作さんから「そんな余裕はないと思うよ(笑)」とツッコまれていましたね。正直、ちょっとビビりました?

いえいえ、あのお言葉を頂いて、おっしゃる通りだなと思いました(笑)。うれしいお言葉だなと思って、とても感謝しています。

――会見には皆さん、和服姿で登壇していましたね。

着物を着たのが初めてだったので、新鮮な気持ちでした。「私がこれを着ていいのかな?」と思うくらい豪華な着物だったんですよ。写真をツイッターに載せたら、ファンの皆さんから「似合っているね」というコメントがたくさん寄せられたので、着て良かったです。

私もこんな着物姿が似合うような大人になったんだなと思いました。11月23日で19歳になったばかりなんですけど。

――三谷幸喜さんならではのせりふ劇なので、台本もかなり厚いようですね。

そうなんです、本当にぶ厚くて。こんなに厚い台本をいただいたのは初めてです。本もあまり読まないので、こんなに厚い台本があるんだって思いました。せりふのテンポがすごくいいので、私がこんなにテンポよくしゃべれるのかなって、ちょっと心配です(笑)。

普段の私はホワホワしている印象を持たれている方が多いと思いますけど、もっと大人びた感じのしゃべり方やしぐさも、ドラマなどを見て学んでいけたらいいなと思っています。

最近も「あなたの番です」(2019年、日本テレビ系)で大人の女性の方を見て「こういう身振り手振りをすれば、大人っぽく見えるんだ」なんて研究していました。

――物語を動かすきっかけになる役どころですよね。

そうなんですよ! 記者会見の前にB作さんにお会いした時に「お芝居を展開させる重要な役だから、一緒に頑張ろうね」と言っていただけて。その言葉に圧倒されつつも「頑張ろう!」と思えるきっかけになりました。今はまだプレッシャーの山が目の前にドーンとある感じですけど…。

――お父さんに婚約者を紹介するというのは、女性にとっては人生で一番緊張するシチュエーションの一つだと思います。もちろん、まだ菅原さん自身は経験のないことだと思いますが…。

ないです、ないです(笑)。私よりもちょっと年上の役でしょうね。初めての経験ではありますけど、逆にその初めてということを生かして演じられたらいいなと思っています。ちよみにとっても、初めての経験だと思うので。

――ちよみという役の印象はいかがですか?

台本を読んで、本当に素直で真っすぐで、家族思いな子だなという印象を持ちました。私自身ももっともっと、ちよみに近付かないといけないなと思って、日々の生活から意識を変えるようにしています。

――具体的にどんなことを?

今回の舞台のお話を頂いてから、両親に私のことを“ちよみ”と呼んでもらっています。なので、ちよみを演じる心の準備はできている…と思います(笑)。

――コメディーですが、人を笑わせるのは得意ですか? 以前、「笑わせているつもりはないのに笑われる」とおっしゃっていたことがありますが。

あぁ、それはよくあります(笑)。自分ではちゃんと話しているつもりなんですけど。今回はせりふを通して、しっかり笑いを取れたらいいなと思います。

関連人物