「ジッチャンの名にかけて!」松本潤の久々の決めぜりふにファン歓喜で視聴熱1位に!

2019/12/13 17:15 配信

WEBサイト ザテレビジョンでは、12月12日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

「VS嵐」12月12日は対戦相手に「悪魔の手毬唄」チームとして、NEWS・加藤シゲアキ、中条あやみ、ジャニーズWEST・小瀧望らが登場

「VS嵐」12月12日は対戦相手に「悪魔の手毬唄」チームとして、NEWS・加藤シゲアキ、中条あやみ、ジャニーズWEST・小瀧望らが登場

1位「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57、フジテレビ系)10835pt

12月12日は、対戦相手に21日(土)に放送されるスペシャルドラマ「悪魔の手毬唄」チームとして、NEWS・加藤シゲアキ、中条あやみ、ジャニーズWEST・小瀧望らが登場。嵐チームには、スピードワゴン・小沢一敬、丸山桂里奈が加わった。

ロッククライミングの要領で巨大な壁を登っていくゲーム「クリフクライム」は、「悪魔の手毬唄」チームからは加藤と小瀧、嵐チームは大野智と松本潤が挑戦し、ジャニーズ対決に。

先攻の加藤&小瀧は、制限時間を7秒残してパーフェクト制覇。すると「ジッチャンががんばったから」と意気込んだ松本。今回の「悪魔の手毬唄」では、加藤は金田一耕助を演じており、かつて人気コミックをドラマ化した「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系) で松本は耕助の孫という設定の主人公・金田一一を演じていたことから、この発言が飛び出した。

「ジッチャンの名にかけて!」と久しぶりにドラマの決めぜりふを言ってスタートした松本だったが、最後のエリアで苦戦し、加藤がクリアした秒数に惜しくも1秒遅れをとってしまった。その後、大野が制限時間ギリギリでクリアする劇的な結末となった。

今回が年内最後の放送となったが、対決はゲストチームが勝利した。次回は2020年1月3日(金)に3時間スペシャルを放送。ラグビー日本代表、福岡ソフトバングホークスと嵐チームが三つ巴対決を繰り広げるほか、特番恒例のババ抜き最弱王決定戦「BABA嵐」を実施。「BABA嵐」では木村拓哉の参戦が注目されている。

最新作が12月25日よりスタート!<水曜どうでしょう> (2/3)

◆先週、視聴熱で高ポイントを記録したドラマ&バラエティーはこちら!
「視聴熱高ポイント番組まとめ」

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

関連番組