霜降り明星・粗品、指揮者を目指していた過去「漫才にもオーケストラ的要素を取り入れている」

2019/12/18 17:46 配信

粗品「正直めっちゃ不安」

憧れの指揮者・佐渡裕(左)と対面する粗品(右)

憧れの指揮者・佐渡裕(左)と対面する粗品(右)

(C)MBS

芸人を目指す前は指揮者を目指し、学生時代に指揮の勉強もしてたという粗品。「漫才にもオーケストラ的要素を取り入れている」ようで、小さい頃から憧れの人だという指揮者・佐渡裕と初対面をし、朗読という大役をオファーされたという。

粗品は、朗読ゲストでの出演が決定した際に受けた取材で、「ものすごくハードルが上がってるから、正直めっちゃ不安で。それで、過去の朗読ゲストの方々の映像を拝見したんですけど、皆さん、完璧にこなされてるんですよ。噛んでる人でもいたら、こっちも少しほっとしたのに(笑)」とコメント。

華麗にピアノを奏でる霜降り明星・粗品

華麗にピアノを奏でる霜降り明星・粗品

(C)MBS

また、どのようなスタンスで朗読に臨むかとの質問には、「過去の朗読の映像を見ると、一流の俳優さんや女優さんたちだから、やっぱりめちゃくちゃかっこいいんですよ。静寂の中、1万人の皆さんがシーンとなって聴いていて。つまり、1万人全員が心打たれてるんです。でも、芸人の僕がそれと同じことをやったら、スベってるようにしか見えないと思うんですよね(笑)。だから僕としては、自分にしかできない朗読というか、“芸人らしく”やってみたいなと。佐渡(裕)先生のお許しがいただけるのなら、今までになかった感じで明るくやってみたい…ということは、ちょっと考えています」と意気込みを語っていた。

1万人を前に、粗品はどうのような朗読を披露したのか、注目が集まる。

朝日奈央が合唱に挑戦! (3/3)

「1万人の第九2019 ~霜降り明星・朝日奈央も感動!令和の大合唱~」
12月21日(土) 昼4:00‐4:54
MBS・TBS系にて放送
総監督・指揮=佐渡裕  
ゲスト=東儀秀樹、山崎まさよし、松室政哉、霜降り明星、池田美優
朗読ゲスト=粗品(霜降り明星)
合唱団参加=朝日奈央 ほか

関連番組

関連人物