千葉雄大、可愛すぎる“おっさん”として唯一無二の存在確立<おっさんずラブ-in the sky->

2019/12/20 10:07 配信

 「おっさんずラブ-in the sky-」記者会見での千葉雄大

「おっさんずラブ-in the sky-」記者会見での千葉雄大

役者にとって“転機”となる作品というのがある。「ドラマに出て注目されて、大ブレイク」というケースや、「あの舞台で新たな芝居の方法を見つけた」、「スタッフやキャストに恵まれて」という場合もあるだろう。

12月21日(土)に最終回となる田中圭主演の土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の出演が、今後、その俳優にとって“転機”となるのではないかと思わせる人物がいる。千葉雄大だ。(以下、第7話までのネタバレがあります)

千葉が演じるのは性格に難がある副操縦士・成瀬

小型犬のような潤んだ瞳を持ち、透き通るように白い小顔の千葉は、永遠の10代のようにも思えるが、ことし3月9日の誕生日で30歳を迎えた節目の年。

千葉がドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」で見せる演技には「可愛すぎる」「あんなお顔で見つめられたら息できなくなる」「千葉くんの動きひとつひとつから目が離せない」との声が集まり、視聴者を魅了している。

演じる成瀬竜という役は、舞台となる「天空ピーチエアライン」の副操縦士で、主人公の客室乗務員・春田(田中圭)と同じ寮に住む男性だ。機長の黒澤(吉田鋼太郎)とペアを組むことが多く、操縦技術に長け、航空に関する勉強家でもある優秀な若手。パイロットの制服もよく似合っている。

ところが、性格に難があり、対人トラブルを起こしがち。この“難あり”の役を千葉が演じることで、成瀬竜を皆に愛されるキャラクターとして昇華させたのである。

成瀬は…誰にでもキスできちゃう男! (2/3)

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」
毎週土曜夜11:15-0:05
テレビ朝日系で放送

◆「おっさんずラブ-in the sky-」関連ニュースを続々更新中!

関連番組

関連人物