磯村勇斗が人生初の刑事役に挑戦「新たな役と出会えることが楽しみ」2クール連続の”異色捜査ドラマ”出演

2019/12/19 22:15 配信

磯村勇斗が2クール連続で 異色捜査ドラマに出演!

磯村勇斗が2クール連続で 異色捜査ドラマに出演!

桐谷健太東出昌大がダブル主演を務める、1月16日(木)スタートのドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に、磯村勇斗がレギュラー出演することが決定。初の刑事役に挑む。磯村は2019年10月期の「時効警察はじめました」では鑑識課員を演じており、2クール連続の”異色捜査ドラマ”への出演となる。

同作は、元体育教師で”走り出したら止まらない”刑事の仲井戸豪太(桐谷)と、頭脳明晰すぎて”逆にズレている”東大卒の超エリート検事・真島修平(東出)が事件解決に挑むバディドラマ。磯村は神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事・目黒元気役。安定した将来を手にするために出世を第一に考え「ミスをせず堅実に職務をまっとうする」のが信条の保守的な刑事で、真反対の性格の豪太と事件捜査を行う中で、新たな刺激を受けていく。

撮影初日から桐谷健太とのシーンを満喫

目黒を演じるにあたり、磯村は「非常に保守的で、今どきの若者らしさを感じました。今後、桐谷健太さん演じる豪太と一緒に仕事をしていく中で、“刑事としての目黒”が触発され変わっていくところなど、意識的にしっかり演じていきたいです」と意気込む。

また撮影初日から桐谷と二人のシーンも満喫したそうで「(桐谷さんと)合間にいろいろとお話をさせていただきました。とても気さくで、愛情のある方という印象です。桐谷さんとのシーンは最初から楽しかったです」と感想を語った。

磯村勇斗コメント全文 (2/3)

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」
2020年1月16日(木)スタート
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物