金田一耕助役・加藤シゲアキら、「悪魔の手毬唄―」の豪華キャスト15人が絶叫!

2019/12/21 05:00 配信

加藤シゲアキ主演「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」の放送を前に、豪華キャスト15人の絶叫シーンが先行公開された

加藤シゲアキ主演「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」の放送を前に、豪華キャスト15人の絶叫シーンが先行公開された

原作・横溝正史、主演・加藤シゲアキによるスペシャルドラマ「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(12月21日[土]夜9:15-11:25、フジテレビ系)の放送を前に、豪華キャスト15人の絶叫シーンが先行公開された。

「悪魔の手毬唄」は、“探偵推理小説の金字塔”を打ち立てた金田一耕助シリーズの一編で、横溝自身が傑作と語ったミステリー作品。怨念めいた村で起きる、血で血を洗う争いが描かれる。

そして今回、金田一演じる加藤をはじめ、生瀬勝久中条あやみ小瀧望大野いと木南晴夏有森也実森下能幸国生さゆり古田新太斉藤由貴泉谷しげる石橋蓮司寺島しのぶ古谷一行の絶叫シーンを公開。

彼らの視線の先には何があるのか、凄惨な事件は誰の手によるものなのか、恐怖の手毬唄と共に15人の悲鳴が鬼首村に響き渡る。

また、先日実施した制作発表イベントで放映した4分30秒のスペシャルダイジェスト動画が、番組公式YouTubeで12月21日(土)朝9時15分から夜9時15分までの12時間限定で配信される。

ドラマ「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」あらすじ


岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では、由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、2つの名家が対立していた。

岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。

そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源治郎を亡くしていた。そして、その犯人・恩田幾三はいまだに行方不明だという。

ある日、鬼首村出身の人気歌手・大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気づく中、リカの息子・歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が、滝つぼで死んでいるのが発見され…。

土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」
12月21日(土)夜9:15-11:25
フジテレビ系で放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆



◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

関連番組

関連人物