<グランメゾン東京>共感呼ぶライバル“丹後”の失脚に「救いを!」の声噴出

2019/12/24 19:00 配信

ドラマ

日曜劇場「グランメゾン東京」(TBS系)で、尾花夏樹(木村拓哉)のライバル・丹後学を演じている尾上菊之助

日曜劇場「グランメゾン東京」(TBS系)で、尾花夏樹(木村拓哉)のライバル・丹後学を演じている尾上菊之助

木村拓哉主演の日曜劇場「グランメゾン東京」(TBS系)がファンの支持を集めている。好評の理由は、それぞれに弱さを抱えるがゆえに魅力的な登場人物たちの人間模様だ。12月22日放送の10話では、尾花夏樹(木村)を中心にレストラン「グランメゾン東京」のメンバーがミシュラン三ツ星を目指して一致団結する一方で、ライバル・丹後学(尾上菊之助)の動向にファンの注目が集まった。

※以下、10話までのネタバレがあります

「自信がないシェフに星は獲れません」


3年前の「エスコフィユ」アレルギー食材混入事件の犯人が平古祥平(玉森裕太)であることが公になり、祥平は「gaku」を去った。そして10話では、尾花が祥平を「グランメゾン東京」に誘い、新メニュー開発に乗り出した。

そのころ、優秀なスーシェフ(副料理長)・祥平を失った丹後は焦っていた。ミシュランの二ツ星の栄誉に加え、祥平の助けで「トップレストラン50」世界8位に浮上し、周囲の期待は高まる一方。だが祥平を失い、肝心の新メニューはなかなか完成しない。祥平に代わり、スーシェフになった柿谷(大貫勇輔)の料理に落胆して声を荒げるなど、丹後の焦りはスタッフにも伝わっていた…。

そんな丹後に見切りをつけた「gaku」オーナー・江藤(手塚とおる)は、丹後をシェフから降格させる人事を敢行。「丹後さんは平古祥平を失ってから、自信をなくした。自信がないシェフに星は獲れません」と江藤に突き放され、丹後もまた「gaku」の厨房を去った。手こずっていた新メニューをやっと完成させ、手ごたえを感じた矢先のことだった…。

丹後の突然の転落に、10話放送中からSNSでは視聴者からの「gakuは丹後さんの店なのに…」「グランメゾンがこれからって時に、ライバル店のgakuは内紛!? 最終回はどうなるの?」といった驚きの声が飛び交った。

日曜劇場「グランメゾン東京」
毎週日曜夜9:00-9:54 TBS系で放送
※12月29日(日)放送の最終回は夜9:00-10:24

脚本=黒岩勉
演出=塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋
プロデュース=伊與田英徳、東仲恵吾
主題歌=山下達郎「RECIPE(レシピ)」(Warner Music Japan)
出演=木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、寛一郎、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹ほか

関連番組

関連人物