途上国の子供たちに夢を与える映画配達人! NPO法人代表・教来石小織のセブンルールに迫る

2020/01/07 16:00 配信

途上国の子供たちに映画を届ける活動をしている、NPO法人代表・教来石小織

途上国の子供たちに映画を届ける活動をしている、NPO法人代表・教来石小織

1月7日(火)放送の「セブンルール」(夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、途上国の子供たちに向けて移動映画館の活動を行う、NPO法人World Theater Project代表・教来石小織(きょうらいせき・さおり)に密着する。

彼女はこれまでに世界14カ国を訪れ、7万人にも上る子供たちに映画を届けてきた。カンボジア・シェムリアップから車で1時間程の場所にある小さな村では、小学校で日本のアニメ映画の上映会を開催。教室はすぐに、身を乗り出して映画に見入る子供たちの笑顔で包まれた。

「食料やワクチンを届けることが先ではないか」と言う声もある中、彼女には映画を届けたいと考える理由があった。

1981年に千葉で生まれた彼女は母親の影響で映画好きになり、映画監督を志すも、才能に限界を感じ断念。その後、派遣の事務員として働く中で思い出したのが、大学時代にドキュメンタリー映画の撮影に行ったケニアでの出来事だった。

村で子供たちに将来の夢を尋ねても、出てくる答えは少なかったそう。そこで“知らない夢は思い描くことができない”ことに気づいた彼女は、“いつか途上国に映画館を作りたい”という夢を持つようになる。

2012年に活動を始め、カンボジアに単独渡航し、ベッドシーツでスクリーンを作って上映会を実施。以来7年間、賛同者を増やしながら活動を続け、今ではNPO法人の代表に。自身ではメンバーを力強く引っ張っていくタイプではないと語るが、多くの支援者や企業の応援を集め続けている彼女のセブンルールに迫る。

青木崇高が途上国で体験した爆笑エピソードとは (2/2)

「セブンルール」
毎週火曜夜11:00-11:30
フジテレビ系にて放送

出演=青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)
ナレーション=小野賢章

【公式Twitter】@7rules_ktv
【公式Instagram】@7rules_ktv

関連番組

関連人物