“あい・にゃん・にゃん”にソロデビューの鈴木愛奈「楽しみしかないです」

2020/01/10 10:42 配信

アルバム『ring A ring』でソロアーティストデビューする鈴木愛奈

アルバム『ring A ring』でソロアーティストデビューする鈴木愛奈

「ラブライブ!サンシャイン!!」の小原鞠莉役で人気を博し、同作のスクールアイドルグループ・Aqoursのメンバーとして音楽活動も精力的に行っている鈴木愛奈。そんな彼女が、2020年1月22日(水)にアルバム『ring A ring』でソロアーティストデビュー。そして、収録曲「ヒカリイロの歌」は、鈴木がヒロイン・星里果菜役として出演する、1月より放送のTVアニメ「はてな☆イリュージョン」のエンディング主題歌にも決定している。今回は、インタビューを通して、彼女の歌にかける思いに迫る。

――ソロアーティストデビューが決まった感想を教えてください。

「高校2年生の時に第7回アニソングランプリに出場したのですが優勝できず、その時はデビューできなかったんです。それがとても悔しくて、本当にアニソンシンガーになりたいという自分の気持ちに気づきました。それから事務所に入った際に、声優のお仕事で少しずつキャリアを積みながらアーティストデビューを目指そうというアドバイスをいただいて」

「そんな中で、『ラブライブ!サンシャイン!!』の小原鞠莉役に決まったことは大きかったです。今思うと、もしあの時にアニソングランプリで優勝していたら、自分に足りないものが多過ぎて続けていくことができなかったもしれないですね。本当に頑張ってきて良かったなと思います。これからのアーティスト活動は楽しみしかないですね」

――アルバムリリースでデビューする気持ちはいかがですか?

「たくさん歌わせていただけるとことは、すごく嬉しいです。しかも『ヒカリイロの歌』はTVアニメ『はてな☆イリュージョン』のエンディング主題歌で。そして、リリース日の1月22日(水)は『あい・にゃん・にゃん』(※鈴木の愛称:あいにゃ)って読めるんですよ(笑)。かわいくて覚えやすいですよね」

――リード曲「ヒカリイロの歌」の第一印象は?

「すごくキラキラしていて、疾走感がすごかったです。手品のワクワク感みたいな世界観と同時に、私の心情も現れていることに驚きました。冒頭の『始まるよ わたしの道』や『夢の最果てをみつけるために』は、まさに高校生の頃やデビューする私のことを歌っていて、サビの部分は未来に向かって飛ぶんだというアーティストとして飛躍していきたい私の気持ちが、すごく詰まっている感じがしました」

「本当になんでこんなに分かるんだろう、っていうくらい私と重なる部分があって泣きました。その時は、作詞作曲していただいたZAQさんにはお会いしたことがなかったので、もしかして超能力者なのかなって思いました(笑)。『はてな☆イリュージョン』だと思える曲でもあるし、私のデビュー曲だとも思えたので嬉しかったです」

――「ヒカリイロの歌」の中でお気に入りのフレーズはありますか?

「個人的には全部ですけど、サビの『愛って何色をしてるかな?』は、私のことにかけて書いてくださっていると思っていて、ZAQさんの歌詞のアプローチの仕方がすごいと感じています。普通はこんなフレーズ思いつかないですよね。あと、大サビ直前の『さぁ わたしの声を聴いて』は、まさに夢がかなった私の気持ちが書いてあって、自分の本当の気持ちをそのまま裸で歌っている感じです」

文=永田正雄

さらにホミニスでは鈴木愛奈のインタビュー全文が見られる!
ホミニスでは芸能人や有名人のインタビュー、出演情報&番組ニュースなどを毎日配信


<リリース情報>
デビューアルバム『ring A ring』
発売日:2020年1月22日(水)
※「ヒカリイロの歌」はTVアニメ「はてな☆イリュージョン」エンディング主題歌

関連番組

関連人物