“バイトテロ”がテーマ「新・ミナミの帝王」最新作で千原ジュニアのアイデアを映像化

2020/01/12 12:00 配信

バイトテロ動画を見る銀次郎(千原ジュニア・右)と弟分の竜一(大東駿介・左)

バイトテロ動画を見る銀次郎(千原ジュニア・右)と弟分の竜一(大東駿介・左)

(C)カンテレ

1月13日(月)に、千原ジュニア主演ドラマ「新・ミナミの帝王」のシリーズ第18作「バイトテロの誘惑」(昼3:20-4:45、カンテレ)が放送される。

本作は、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中)の実写化で、2010年の放送スタートから10年目を迎える。

千原演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがなく、“ミナミの鬼”と恐れられている。本作では、そんな銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描く。

「バイトテロの誘惑」というテーマは、千原の発案によるもので、元外交官で作家の佐藤優氏との雑誌のツーショット対談の際に出た話を基にドラマ化された。

バイトテロとは、主に飲食店や小売店の従業員が撮影した不適切な動画や画像がSNSに投稿されて炎上につながる現象で、店舗や企業が多大な被害を受ける。

【写真を見る】アルバイトの中山(森優作・左)に目を付ける髑髏(どくろ)の指輪を付けた謎の女(内田慈・右)

【写真を見る】アルバイトの中山(森優作・左)に目を付ける髑髏(どくろ)の指輪を付けた謎の女(内田慈・右)

(C)カンテレ

物語は、銀次郎(千原)の顧客がバイトテロの被害に遭うところから始まる。喫茶店チェーンを営む北川(福田転球)は、客に出すコーヒーにアルバイト店員が悪ふざけでいたずらをする動画がネットに投稿され、やがて倒産にまで追い込まれてしまう。

一方、お好み焼き配達のバイトをする学生・中山(森優作)は、過去に無理やり参加させられたバイトテロ動画を公開されたくなかったら金を払えと、ある組織から恐喝されていた。中山は銀次郎から金を借りて支払うが、脅迫はさらにエスカレートしていく。銀次郎は、バイトテロ動画を使って金をゆすり取っていた組織の存在を突き止め、その悪質な手法を逆手にとって巧妙な罠を仕掛ける。

本作では、バイトテロが単なる従業員の悪ふざけにとどまらず、企業やバイトテロを犯した人物への恐喝事件へとつながり、さらには株の操作と組み合わせた組織的な経済犯罪にも発展する可能性をリアルに描いている。

「誰が巻き込まれてもおかしくない事件」 (2/3)

「新・ミナミの帝王」
第18作「バイトテロの誘惑」1月13日(月)昼3:20-4:45
第19作「失われた絆」1月18日(土)昼3:00-4:30
カンテレにて放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物