妊婦から厚い信頼!74歳の現役助産師に密着<セブンルール>

2020/01/14 16:00 配信

赤ちゃんをあやす矢島床子さん

赤ちゃんをあやす矢島床子さん

1月14日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30※14日[火]は夜11:20-11:50、フジテレビ系)は、助産師の矢島床子さん(74歳)に密着する。

東京・国分寺市の住宅街にある「矢島助産院」の院長を務める彼女は、74歳となった今も現役でお産に立ち会っている。助産師として独立して以来、32年間で約5500人の赤ちゃんの誕生を見守り続けてきた。

矢島さんが助産師の道を志したのは、看護学校1年の時。交通事故に遭い、生死の境をさまよったことで、命の大切さを痛感したことがきっかけだという。その後、日本に“ラマーズ法”を広めた助産師・三森孔子(みもりよしこ)さんの下で修業し、三森さんの死後に独立。それ以降、師匠の三森さんから受け継いだ“切らないお産”を守り続けている。

矢島助産院が妊婦に人気の理由とは? (2/2)

「セブンルール」
毎週火曜夜11:00-11:30※1月14日(火)は夜11:20-11:50
フジテレビ系にて放送

出演=青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)
ナレーション=小野賢章

【公式Twitter】@7rules_ktv
【公式Instagram】@7rules_ktv

関連番組

関連人物