関ジャニ∞丸山隆平、約2年ぶりの舞台は“底辺でもがく男”「人生の思い出の一作品になったらうれしい」

2020/01/20 04:00 配信

芸能一般

関ジャニ∞・丸山隆平にとって約2年ぶりの舞台となる、赤堀雅秋の最新作「パラダイス」が5月31日(日)から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される

関ジャニ∞・丸山隆平にとって約2年ぶりの舞台となる、赤堀雅秋の最新作「パラダイス」が5月31日(日)から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される

丸山隆平コメント


映画「その夜の侍」(2012年)を見てからずっと大ファンだった赤堀さんの作品で、劇場はシアターコクーン!

赤堀さんとご一緒できることには驚きましたし、いつか立ちたいと思っていた劇場でやらせていただけるので、うれしいことが同時に来ました!

こういった生々しい作品は新鮮ですが、過激な一部分が切り取られているだけで、誰しも無意識のうちに誰かの何かを奪っていたり、多かれ少なかれどんな人にもある部分だと思っています。

この作品を通じて、世の中に一石を投じるだとか、大それたことは考えていません。1カ月間、劇場に別空間を作り上げて、この世界の中で生きている人として存在したいと思っています。

それを見て、何か気付いたり、ふと立ち止まったりしてくれてもいいし、何も感じなくてもいい。見た人がどう感じるか楽しみですし、せっかくなので誰かの人生の、思い出の一作品になったらうれしいです。

演技を見られる場はたくさんありますが、舞台は特に見ることに相当な熱量を使うものだと思っています。今回見に来ていただけるのも何かのご縁。来て良かったと思っていただけるよう、硬くならず、手放しで楽しんでもらえるよう、一生懸命頑張りますので、ぜひお越しください!!

舞台「パラダイス」ストーリー


オリンピックを目前に控え、浮かれた空気に包まれている東京。表層的には豊かに見えるこの街で、虚無感を抱え、底辺でうごめく人間たちの不毛な戦いと裏切り、つかの間の栄枯盛衰の物語。

巷にはびこる高齢者を狙った詐欺グループのリーダー・梶浩一(丸山)は、ある日、ヤクザの辺見豪に呼び出され、組織拡大という無理難題をふっかけられる。断ることもできず、腹心の真壁らと言われるがまま手を広げていく梶。

被害に遭い、ズタボロにされていく老人たち、その家族を尻目に、梶らは一時隆盛を極めるが、やがて暗雲が立ち込め…。

「シアターコクーン・オンレパートリー2020『パラダイス』」
東京公演:5月31日(日)~6月29日(月)Bunkamuraシアターコクーン
大阪公演:7月4日(土)~13日(月)東大阪市文化創造館 Dream House大ホール

<スタッフ>
作・演出:赤堀雅秋
企画・製作:Bunkamura

<キャスト>
丸山隆平、村上虹郎、八嶋智人、毎熊克哉、水澤紳吾、小野花梨、
飯田あさと、碓井将大、櫻井健人、早坂柊人、前田聖太、松澤匠、
赤堀雅秋、梅沢昌代、坂井真紀、西岡德馬

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆


関連人物