1月20日(月)週スタート冬ドラマまとめ 藤ヶ谷太輔主演「やめるときも、すこやかなるときも」、岡田結実主演「女子高生の無駄づかい」、「絶メシロード」ほか

2020/01/19 08:00 配信

冬ドラマが続々スタートする1月。今回は、1月20日(月)週に放送を開始する主な地上波ドラマをまとめました。藤ヶ谷太輔出演のラブストーリーや、映画「カメラを止めるな!」(2017年)で主演を務めた濱津隆之の地上波連続ドラマ初主演作など、見逃せない注目作がめじろ押し!

1月20日(月)スタート

■「病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜」(毎週月曜夜10:00-10:54※初回は夜9:00-10:48 テレビ東京系ほか)

スピードスケート選手・小平奈緒が所属する相澤病院が、倒産危機から復活を遂げた実話を基にした医療ドラマ。小泉孝太郎が東京の大学病院でのキャリアを捨て、実家の病院を再建するために奮闘する主人公・有原修平を演じる。修平は病院経営のため、地方ならではのしがらみや既得権益を切り捨てていく。

<第1話の内容>つぶれかけた地方病院が生まれ変わるまでの奇跡を描く医療ドラマ。大学病院の内科医の修平(小泉孝太郎)がカテーテル治療の研究に心血を注ぐ中、実家の有原総合病院から前院長の父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたと連絡が入る。修平が慌てて駆け付けると正太郎は昏睡状態に陥っていた。

■「やめるときも、すこやかなるときも」(毎週月曜深夜0:59-1:29 日本テレビ)

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、奈緒が出演する「やめるときも、すこやかなるときも」

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、奈緒が出演する「やめるときも、すこやかなるときも」

(C)NTV・J Storm

窪美澄の同名小説をドラマ化した、同枠初のラブストーリー。職人として伸び悩む家具職人・須藤壱晴(藤ヶ谷太輔)と、恋愛がうまくいかない広告制作会社に勤める本橋桜子(奈緒)が出会う。互いに引かれ合い、心を通わせていくように見えた2人だが、相手を思う純粋な気持ちだけでなく「自分のため」に恋愛を始める。

<第1話の内容>窪美澄の同名小説をドラマ化した、同枠初のラブストーリー。職人として伸び悩む家具職人・壱晴(藤ヶ谷太輔)と恋愛がうまくいかない桜子(奈緒)はある結婚パーティーで出会う。パーティーを抜け出したいと思い外に出た桜子は、壱晴から二人で抜け出そうと誘われる。心に傷を抱えた二人は引かれ合っていく。

1月24日(金)スタート

■「駐在刑事 Season2」(毎週金曜夜8:00-8:54※初回は夜8:00-9:48 テレビ東京系ほか)

寺島進演じる“駐在さん”こと江波敦史が町の平和を守るために奮闘する。これまでスペシャルドラマ5本、2018年10月に連ドラ第1弾が放送され「奥多摩の人々の人情とユーモアあふれる話」と「シリアスな殺人事件」が展開されてきた。今回はこれまで明かさなかった「登場人物の過去や因縁」も描かれる。

<第1話の内容>奥多摩の“駐在さん”こと警察官・江波(寺島進)の活躍を描くヒューマンサスペンス。渓谷上流で、酒造会社の専務・黒田(堀部圭亮)の遺体が発見される。第一発見者で黒田と同じ会社で働く珠美(高島礼子)は、取り調べで殺害を自供。しかし、犯行時刻に別の場所で珠美の目撃証言があり、江波は独自捜査を始める。

■「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜」(毎週金曜夜10:00-10:50 NHK総合)

ミステリー作家・若竹七海の「女探偵・葉村晶」シリーズを初めてドラマ化。ミステリー専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のバイト兼書店オーナーが冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員として働く葉村晶を、シシド・カフカが演じる。“世界で最も不運な探偵”な晶(シシド)が災難に巻き込まれながら事件を解決に導く姿を描く。

<第1話の内容>古書店でバイト店員をしながら探偵業を営む葉村晶(シシド・カフカ)が、災難に巻き込まれながら事件を解決する姿を描く。晶の元に姉の珠洲(MEGUMI)が現れ、晶に海外旅行のチケットを手渡し必ず行くよう強要する。そんな中、ある山中で女性遺体が発見される。その身分証にはなんと「葉村晶」と記されていた。

■「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-深夜0:15 テレビ朝日系)

【写真を見る】岡田結実が制服姿に!「女子高生の無駄づかい」

【写真を見る】岡田結実が制服姿に!「女子高生の無駄づかい」

(C)テレビ朝日

ビーノ原作の同名コミックを実写ドラマ化。岡田結実演じる主人公の「バカ」こと田中望と、「ヲタ」こと菊池茜(恒松祐里)、「ロボ」こと鷺宮しおり(中村ゆりか)ら「さいのたま女子高等学校」に通う彼女たちの日常を描くコメディー。また、脚本・演出陣には、田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)らが名を連ねる。

<第1話の内容>「さいのたま女子高等学校」に通うバカこと田中望(岡田結実)、ヲタこと菊池茜(恒松祐里)、ロボこと鷺宮しおり(中村ゆりか)ら女子高校生たちの日常を描くコメディー。バカは、ヲタらに「今頑張らないとこの先一生彼氏とかできない」と熱弁。しかし、バカは教室に女子しかいないことにがくぜんとする。

■「絶メシロード」(毎週金曜深夜0:52-1:23 テレビ東京ほか)

濱津隆之が主演を務めるドラマ「絶メシロード」

濱津隆之が主演を務めるドラマ「絶メシロード」

(C)「絶メシ Road」製作委員会

映画「カメラを止めるな!」(2017年)で主演を務めた濱津隆之が、地上波連続ドラマで初主演。濱津扮(ふん)する会社員・民生が、絶滅してしまいそうな絶品メシ“絶メシ”を求めて、週末に車で一泊二日の旅に出る姿を描く。民生の妻・佳苗を酒井若菜、民生が旅先で出会うベテラン車中泊マスター・勉を山本耕史が演じる。

<第1話の内容>サラリーマン・民生(濱津隆之)が、絶滅してしまいそうな絶品メシ=絶メシを求めて旅をするグルメドラマ。家族が家にいない週末、民生は車で出掛けて、一人の時間を満喫する。昼食を取るため携帯電話で調べたうどん店へ向かった民生は、プレハブの建物に到着。飲食店とは思えない外観に困惑しつつ入店する。

1月13日週スタートのドラマまとめ (2/3)

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆
各ドラマの詳細情報はこちらでチェック!!