小田さくらと浜浦彩乃がハロプロの“芯”を語る「カッコつけるんじゃなくて本当にカッコいいのがハロー!プロジェクト」

2020/01/20 06:30 配信

アイドル

念願の“2人で横浜中華街”を実現させた浜浦彩乃(左)と小田さくら(右)
念願の“2人で横浜中華街”を実現させた浜浦彩乃(左)と小田さくら(右)撮影=宮澤祐介


ハロー!プロジェクトのメンバーが“ハロプロメンバーの中から、〇〇さんと2人きりで××したい”という一問のアンケートに回答。そのアンケート結果を基にしたロケを実現する“サシロケ”バラエティー「ハロプロ ONE×ONE(ワンバイワン)」(全10回予定)がGYAO!で無料配信中。

第9回(1月21日[火]配信)では、こぶしファクトリー浜浦彩乃モーニング娘。’20の小田さくらが登場。ハロプロきっての仲良しペアが、横浜中華街を舞台に食べて語ってと見どころたっぷりのデートを展開する。

収録後はハロプロ愛の強い2人が、番組内のトークで明かした恩師への思いや、ハロー!プロジェクトの“芯”について語った。

何があっても私の知っていることは全部教える(小田)


――はじめに、浜浦さんが小田さんを選んだ理由を教えてください!

浜浦彩乃:小田とはデビューしてからあまり遊んだことがなかったんですよ。2人とも違うグループなので、スケジュールが合わなくて。それで、私がずっと「横浜中華街に行きたい!」って小田に言っていたんですけど、なかなか予定を合わせてくれなくて。

小田さくら:うん、ごめんね。

浜浦:もう1年前ぐらいからずっと言っているんですけど、なかなか行けなくて。今回「ハロプロ ONE×ONE」でやりたいことを教えてくださいって聞かれたとき、最初に思いついたのが小田と中華街に行くことでした。なので、小田を選びました。

小田:収録中も話に出たことなんですけど、頻繁に会わなくても疎遠にならないというか…。会わなきゃそれっきり、みたいな人間関係ってあるじゃないですか。そうじゃないから焦らなくて。別にいつでも行けるんだろうなと思っていました。

浜浦:そうなんですよ。地元の友達ばっかり優先するので。

小田:ごめんね、そうなの。本当にそういう感じで。

――ちなみに浜浦さんは1年前からと話していましたが、実は2年前(2018年2月)に取材させていただき、「ハロプロで仲のいいメンバーは?」と質問した際に「小田さんと中華街に行きたい」と答えていました(笑)。

小田:うそ、2年前から言ってたの?

浜浦:うそ、2年前から?

小田:やば(笑)

浜浦:遅すぎだよ、かなうの…

小田:えっと…ごめん。お待たせしたね。

浜浦:やっとかなった。

小田:やっとだね。よかった!

――2人のトークシーンでは、「ハロプロの“芯”を残したい」と熱い思いを語り合う一幕もありました。それぞれの思うハロプロの“芯”とは?

浜浦:何だろう、リズムの取り方とか踊り方とか?

小田:それだね。技術的なことでいうと、16ビートをきっちり取って歌うこと。それができないと、ちょっと上っ面っぽい歌い方になっちゃう。“私、うまいです”“音楽は歌がメインです”みたいな感じじゃなくて、楽器と歌が同じ立場というか音楽としての歌みたいな感じを、女性アイドルがやるのがカッコいい。

浜浦:カッコいいね。それをつんく♂さんに教わってきたから、残したいっていうのもあります。最近思うのは、昔のハロー!プロジェクトってどっしり構えて歌っているのがカッコいいなってこと。無理に年相応じゃなく、ちょっと大人っぽい動きをしたり、ダンスにウェーブかけたりとか。

私のイメージの中で、無理にカッコつけるんじゃなくて本当に歌って踊っている姿がカッコいいのがハロー!プロジェクト。高橋愛さんや新垣里沙さんの活躍を見ていた頃と、今はちょっと違うなと思ったりすることもあります。見せ方が違うのかな?

小田:なんだろう。やっぱり表面でカッコつけないというか、本気でガムシャラみたいな感じかな。

「ハロプロ ONE×ONE(ワンバイワン)」
毎週火曜夜0:00更新
GYAO!にて無料配信
【URL】https://gyao.onelink.me/AeWv/711f44f1

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


関連人物