<試写室>「女子高生の無駄づかい」思わず共感してしまう瞬間に、自分も実は青春を無駄づかい?

2020/01/24 05:00 配信

今しかない“青春”を思いっきり無駄にする激ヤバJK3人組

今しかない“青春”を思いっきり無駄にする激ヤバJK3人組

(C)テレビ朝日

新金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が1月24日(金)から放送スタート。

ビーノ原作の同名コミックをドラマ化した本作は、岡田結実演じる主人公の「バカ」こと田中望と、「ヲタ」こと菊池茜(恒松祐里)、「ロボ」こと鷺宮しおり(中村ゆりか)ら、「さいのたま女子高等学校(さいじょ)」に通う女子高生=JKたちが、“JK生活”を無駄に浪費する日常を描いた学園コメディー。

今回、WEBザテレビジョンでは「女子高生の無駄づかい」第1話を事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介していく。

「バカ」こと田中望を演じる岡田結実

「バカ」こと田中望を演じる岡田結実

(C)テレビ朝日

すがすがしいほどバカで問題児の「バカ」や、アニメや漫画を愛する腐女子「ヲタ」、頭はいいが感情が死滅している「ロボ」というクセの強いキャラクターに特殊な呼び名のJKたち。

そのクラスメートは、重度の中二病を患っている「ヤマイ」こと山本美波(福地桃子)、真面目な性格で何でも真に受ける優等生「マジメ」こと一奏(浅川梨奈)、見た目が幼いことがコンプレックスで周りになめられないよう虚勢を張っている「ロリ」こと百井咲久(畑芽育)、ホラーやオカルトを好む人見知りなコミ障の「マジョ」こと九条翡翠(井本彩花)などなど…個性派ぞろい。

個性強めな女子高生の担任には、女子大生好きな残念独身教師ワセダこと佐渡正敬(町田啓太)、教頭(大倉孝二)、おっちょこちょいな警官(横山涼)、おっとり養護教員「シーキョン」(内藤理沙)と、大人チームもキャラ濃いめなメンバーが集まっている。

わちゃわちゃの予感しかしない第1話は? (2/3)

金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」
1月24日(金)スタート
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物