奥田民生&岡崎体育“OT”コンビが「楽演祭」第5弾に登場!【イベントレポート】PR

2020/01/26 18:30 配信

<エンタテインメント>と<エデュケーション>が融合した音楽イベント「楽演祭Vol.5」が2020年1月24日(金)、昭和音楽大学で開催された。今回の出演は“奥田民生×岡崎体育”。初代OT(奥田民生)、二代目OT(岡崎体育)による「音楽と初期衝動」をテーマにした講義、そして、ソロアーティストとしての個性とエンタメ性がたっぷり詰まった両者のライブパフォーマンスが繰り広げられた。

「音楽と初期衝動」をテーマに講義

奥田民生

奥田民生

音楽ジャーナリストの柴那典氏の進行で行われた講義の最初のテーマは、「ミュージシャンを目指すきっかけとなった音楽」。奥田はThe Beatlesのベスト盤“赤盤”“青盤”、KISSのベスト盤「Double Platinum」を紹介し、「The Beatlesを知ったきっかけは、小学校の頃、夏休みにやっていたアニメ版のビートルズ(『The Beatles Cartoons』)。KISSはギターを始めてから聴いたんですけど、ビジュアルと裏腹にオーソドックスなロックンロールが多いので、わりと弾きやすかったんですよね」と音楽に興味を持った時期のエピソードを披露した。

岡崎体育

岡崎体育

岡崎はQueenの「Sheer Heart Attack」、SUM41の「Does This Look Infected Too?」、「ポケモン言えるかな?」とバラエティに富んだ3作を挙げ、「Queenはもともと母親が好きで、聴かされてるうちに僕も好きになりました。『ポケモン言えるかな』は、小学校の頃、全部歌えたらすごいという風潮があって。SUM41は中学生の頃、クラスのヤンキーに教えてもらったんですけど、めちゃくちゃカッコよくて衝撃を受けましたね」と“(影響を受けた)音楽との出会い”を語った。

また「ライブを観て感動したアーティスト」という話題も。奥田が初めてライブを観たバンドは、ダウンタウン・ブギウギ・バンド。「不良っぽいバンドが流行っていたんだけど、革ジャンのキャロルに比べて、“つなぎ”を来たダウンタウン~は庶民的で親しみがあったんですよ」と、その魅力を紹介。さらにヘビィメタルの代表的存在であるLOUDNESSの名前を挙げ、「高崎晃さんの速弾きギター、二井原実さんのハイトーンのボーカルを聴いて、“自分にはできない”と思った」とコメントした。岡崎のライブの原点は、学生時代にサマーソニックで観たというEnter Shikari。「バンドの音にシーケンスの音がプラスされていて、“どうやって音を出しているんだ?”と衝撃を受けましたね。やんちゃなステージを観て“こんなに暴れていいんや?”ってビックリしたり、まさに自分の初期衝動です」と語った。

学生時代のエピソード (2/4)

「楽演祭Vol.5」イベント概要
日時:2020年1月24日(金)18:30開場/19:00開演
会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ
チケット料金: 5,500円(税込) 一般発売:2019年12月15日(日)
出演アーティスト:奥田民生、岡崎体育
楽演祭 特設サイト:https://gakuensai-betsukado.com

関連人物