「DEATH NOTE」12年ぶりの完全新作漫画が掲載決定!小畑健による書き下ろしイラストも

2020/01/24 12:55 配信

「DEATH NOTE」が12年ぶりに読切漫画を掲載する

「DEATH NOTE」が12年ぶりに読切漫画を掲載する

原作・大場つぐみ、漫画・小畑健による人気コミック「DEATH NOTE」が、12年ぶりの完全新作読切漫画を掲載することが分かった。掲載されるのは、2020年2月4日(火)発売の「ジャンプスクエア」3月号。

DEATH NOTE」は、名前が書かれた人間を死に至らしめる“デスノート”を使い、自らの正義で犯罪者を裁く夜神月と、それを追う世界的名探偵Lとの頭脳戦を描くサスペンス。

「週刊少年ジャンプ」で2003年~2006年まで連載され、コミックスは全12巻がシリーズ累計発行部数約3000万部を突破している。

2006年には藤原竜也松山ケンイチらが出演した実写映画をはじめ、テレビアニメ、舞台、ゲームなど、さまざまなメディアで展開された。

2015年には日本テレビ系で窪田正孝・山崎賢人らが出演したドラマ「デスノート」が放送され、2016年には東出昌大池松壮亮菅田将暉らが出演した映画「デスノート Light up the NEW world」が公開、2017年にはNetflixにてリメイクされたオリジナル映画「Death Note/デスノート」が配信されて話題になったことも記憶に新しい。

特別読切編は過去に2008年にも掲載されたが、今回12年ぶりの完全新作読切87ページが、2020年2月4日(火)発売の「ジャンプスクエア」3月号に掲載される。

同作は2019年7月13日~8月12日まで東京都・アーツ千代田3331で行われた「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」にて冒頭10Pが初公開され、新潟会場、大阪会場でも一部公開された。

また、ネーム版は本展東京会場の開催期間中に、全ページがマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて公開され話題になった。

読切編の表紙とあらすじも公開! (2/2)

関連番組

関連人物