<麒麟がくる>矢野聖人が大河ドラマ初出演!「すてきなシーンが出来上がったと思っております」

2020/01/25 20:14 配信

矢野聖人が大河ドラマ初出演を果たす

矢野聖人が大河ドラマ初出演を果たす

1月26日(日)に放送される長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第2回に矢野聖人が登場する。

史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。

頼純の感情の変化に伴った表情に注目!

今回が大河ドラマ初出演となる矢野が演じるのは、土岐頼純。本木雅弘演じる斎藤道三の娘・帰蝶(川口春奈)の最初の夫という役どころだ。

矢野は、「『麒麟がくる』に出演が決まった時、うれしかったのは勿論なのですが、長年続いている大河ドラマに出演できるという喜びの方が大きかったです。

また、時代劇という自分にとってあまり馴染みのないジャンルでお芝居をさせていただくのに、自分の力が最大限発揮できるか不安な部分もありましたが、スタッフの皆さまにサポートしていただき、すてきなシーンが出来上がったと思っております!」と出演の喜びを語る。

そして、「頼純の感情の変化に伴った表情に是非、視聴者の皆さまには注目していただきたいです!」と見どころをアピールした。

大河ドラマ「麒麟がくる」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物