「宇宙でいちばんあかるい屋根」が映画化! 14歳の少女を演じる清原果耶『希望や勇気が伝わるといいな』

2020/01/30 06:00 配信

小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」が監督・藤井道人、主演・清原果耶によって映画化される

小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」が監督・藤井道人、主演・清原果耶によって映画化される

作家・野中ともその人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」が映画化され、2020年秋に公開されることが決定。監督・藤井道人、主演・清原果耶らからメッセージが届いた。

少女と老婆が織り成す感動のファンタジードラマ

宇宙でいちばんあかるい屋根」は、14歳の少女・大石つばめと怪しい老婆“星ばあ”が織り成す、キュートでいとおしい、感動のファンタジードラマ。

平穏でも悩みがあり、時々息苦しくなるつばめは、満天の星が輝くある夜、ド派手な身なりで底意地の悪い、キックボードに乗った星ばあと出会う。いつしか、互いの心に空いた穴を埋め合うように距離を縮めていく2人だが、ある事件が起こり…。2人の大切な何かを探す、ひと夏の青春が始まる。

主人公の女子中学生・つばめを演じる清原は、本作が映画初主演。実父と、血のつながりのない母との間に子供が生まれることで感じる疎外感、実母への思い、そんな思いを胸の内に抱えながら、幼なじみに抱く恋心や、星ばあとの出会いから成長していくひと夏の少女の姿を、等身大かつ圧巻の演技力で表現する。

清原の魅力を最大限に引き出し、「今の清原果耶を切り取ることは誰もができることではない、とてもラッキーな機会を頂けた」と語る藤井監督。そして、清原は「撮影中に私自身がつばめちゃんからもらった希望や勇気が、映画を見てくださる皆さまにも伝わるといいなと思います」と話している。

なお、星ばあをはじめ、つばめが恋する大学生、つばめの両親、実の母親といった、つばめを取り巻くキャスト陣にも豪華な面々が集結している。

清原果耶、藤井道人監督、野中ともそらがメッセージを送る (2/3)

映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」
2020年秋 全国ロードショー

<スタッフ>
監督・脚本:藤井道人
原作:野中ともそ「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫)
配給:KADOKAWA

<キャスト>
清原果耶ほか

【HP】uchu-ichi.jp
【Twitter】@uchuichi_movie

関連番組

関連人物