ムトウユージ監督「しんちゃんだけは飽きないんです」クレヨンしんちゃんへの熱い思い

2020/02/15 08:00 配信

【写真を見る】穏やかな表情を浮かべるムトウユージ氏

【写真を見る】穏やかな表情を浮かべるムトウユージ氏

※提供写真

クレヨンしんちゃん」は1992年にスタート。嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけの活躍を描いたストーリーが、お茶の間に反響を巻き起こしてきた。

最近でも、「ドクターX」や「科捜研の女」などテレビ朝日の人気番組との遊び心たっぷりなコラボ展開のほか野原家の愛犬・シロがスーパーヒーローとなって世界を救う作品「SUPER SHIRO」も配信されるなど(※2019年10月よりAbemaTV、ビデオパスで独占配信)、“しんちゃんワールド”は、ますます進化を遂げている。 

そんな大人から子どもまで幅広い世代に愛され続けている「クレヨンしんちゃん」の三代目監督・ムトウユージ氏に、作品に対する思いや、今まで挑戦してきたことなどを聞いた。

2019年10月より土曜昼4時30分の枠に移動となったアニメ「クレヨンしんちゃん」(毎週土曜昼4:30-5:00、テレビ朝日系)。

ムトウ氏「パワーアップはしています(笑)」

――放送枠が変わりましたが、何か変化はありましたか?

基本的には、枠が変わったから何か変えた、ということはないですね。ゴールデン枠ではできないことも「よし!いろいろ攻められる」という意識の変化はあったかもしれません。

日常を描いているからこそ、急にスーパーマンになるわけにもいかないですけど、しんちゃんがお尻を使って鉄棒で大回転してみたり、おならをしたらパンツが破けちゃったり、ささいなところでパワーアップはしています(笑)。

――20年以上携わられていて、これまでどんな変化が「クレヨンしんちゃん」にあったのでしょうか?

時代の変化もあって、「ぞうさん」は出せなくなりましたし、キャラクターの言葉の言い回しもその時代の話し方を入れたりしています。

そのほかの変化で言うと、風間くんがスマートフォンを使用していたり、時代の物も5歳児なりの取り入れ方をしています。

――作品の中も時代によって進化していくのですね。

そうですね、今の「クレヨンしんちゃん」は2020年をテーマにしている作品である、ということが軸になっています。35歳のヒロシと29歳のみさえと、5歳のしんのすけ、そして0歳のひまわりが過ごしている2020年の日常を描いていければなと思います。

風間くん役の真柴さんが苦笑いしたことは? (2/3)

「クレヨンしんちゃん」
毎週土曜昼4:30-5:00
テレビ朝日系にて放送

◆2020年4月春アニメまとめ!◆
4月スタート春アニメまとめ

↓3年以上放送が続いているアニメ・特撮シリーズをまとめました!↓
長期放送アニメ・特撮シリーズまとめ

関連番組

関連人物