梶裕貴が実写連続ドラマ初主演! 人型AIと結婚する“イキリオタク気質”のアラサー男子に

2020/02/05 17:00 配信

WOWOWでは、人気声優・梶裕貴が実写連続ドラマで初主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」を、5月より放送することが決定した。

【写真を見る】原作者の原田まりるは、「人型汎用AIをパートナーにできる近未来が訪れた時、人間の価値観やアイデンティティはどうなるのか?を踏まえた作品」とコメント

【写真を見る】原作者の原田まりるは、「人型汎用AIをパートナーにできる近未来が訪れた時、人間の価値観やアイデンティティはどうなるのか?を踏まえた作品」とコメント

カバーイラスト:田中将賀 KADOKAWA刊

本作は、初小説「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」で第5回京都本大賞を受賞した、注目の若手作家・原田まりるによる小説「ぴぷる」をドラマ化。

2030年、人間とAIが結婚できるようになった近未来の京都を舞台に、人型AI「ぴぷる」と結婚することを選んだサラリーマンの摘木健一(梶裕貴)と、「ぴぷる」を開発したAI研究者の女性・深山楓ら、個性あふれるキャラクターたちによる「AIと人間の在り方」を問うSFヒューマンコメディーだ。

原作となる「ぴぷる」は、雑誌「ダ・ヴィンチ」にて2018年11月号から2019年3月号にかけて連載。さらに、小説と連動して企画されたWEBドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」もオリジナルストーリーで同時展開された。

また、キャラクターデザインをアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、映画「君の名は。」などを手掛けた田中将賀が担当したことでも話題になった。

梶裕貴がWEBドラマに続いて主人公に!

主人公・摘木健一を演じるのは、数々のヒット作に出演し、近年は映像作品や舞台などジャンルの垣根を超えて活躍する人気声優・梶裕貴。梶は本作で、実写連続ドラマで初主演を務める。

先に伝えたWEBドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」では、声優として摘木役を演じ大反響を呼んだこともあり、今回の実写ドラマの出演のオファーに至った。

摘木はイキリオタク気質で、生身の人間とのコミュニケーションが得意ではない、パッとしないアラサー男子という役どころ。妻となったAIやAI研究者ら、ひと癖もふた癖もあるキャラクターに翻弄されていく姿をどのように演じるのか注目だ。

なお、本作の監督は、ドラマ「恋のツキ」(2018年、テレビ東京系)や映画「はらはらなのか。」、ジェニーハイやGReeeeNのMVなど、多岐にわたり高い評価を受ける酒井麻衣と、ドラマ「連続ドラマW 名刺ゲーム」(2017~18年、WOWOWプライム)、ドラマ「アラサーちゃん 無修正」(2014年、テレビ東京系)等の話題作を手掛けた瀧悠輔が務める。

主演・梶裕貴からコメントが到着! (2/2)

■WOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」
WOWOWプライムにて5月放送予定
https://www.wowow.co.jp/drama/original/piple

関連番組

関連人物