白石麻衣、千葉雄大演じる彼氏役に「はっきりしてよ!と思いながら台本を読んでいました(笑)」<スマホ2>

2020/02/08 08:00 配信

映画で新境地に挑んでいる白石麻衣

映画で新境地に挑んでいる白石麻衣

2017年公開の映画「あさひなぐ」以来の映画出演になる白石麻衣がミステリーに挑戦した映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2月21日(金)に公開。

刑事・加賀谷学(千葉雄大)が獄中にいる連続殺人事件の犯人・浦野善治(成田凌)と協力しながら、恋人・美乃里(白石麻衣)が巻き込まれた事件の解決に奔走する。

今回は、本作から参加となる白石に直撃インタビュー。作品の魅力やカップルを演じた千葉の印象、スマホにまつわることなどを語ってもらった。

程よい緊張感の中、のびのびと撮影をさせていただきました

――前作「スマホを落としただけなのに」をご覧になった感想と、その続編に出演が決まったときの感想を教えてください。

前作は、北川景子さん演じるヒロイン・麻美が追われている姿に恐怖を感じましたし、物語のラストまで犯人が分からず誰なんだろうとハラハラしながら見ていました。すごく素敵な作品だったので、今回から参加することに対してプレッシャーや、「私で大丈夫かな?」という不安もありました。前回からチームが出来上がっていると思っていたので…。ただ、そんな不安はあっという間になくなりました。それこそ初日はガチガチでしたが、千葉さんをはじめキャストやスタッフの皆さんが本当に優しくて…。あっという間に現場に慣れて、程よい緊張感の中、のびのびと撮影をさせていただきました。

――監督や千葉さんの印象はいかがでした?

中田(秀夫)監督はすごく面白い方で、現場にいるときはすごくチャーミングでお話ししやすかったです。「今まで見せたことのないような恐怖の表情を見せてみて」などいろんな演出をしていただきました。すごくステキな監督でしたね。千葉さんは、座長として素晴らしかったです。すごく居心地のいい場所を作ってくれて…。現場での行動など、真似したいと思うところがたくさんありました。そしてお芝居されている千葉さんはステキだなと思いました。まぁ千葉さんというより、加賀谷として見ちゃうところはありましたが(笑)。

交際相手に思うことは? (2/3)

しらいし・まい=1992年8月20日生まれ、A型。群馬県出身。乃木坂46に所属。
映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
2020年2月21日(金)、全国東宝系で公開
出演:千葉雄大 白石麻衣 
   鈴木拡樹/音尾琢真 江口のりこ 奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ ko-dai(Sonar Pocket)
   平子祐希(アルコ&ピース) 谷川りさこ アキラ100%・今田美桜(友情出演)/田中哲司
   北川景子(特別出演) 田中圭(特別出演)
   成田凌/井浦新
原作:志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)※2018年11月発売
企画プロデュース:平野隆
監督:中田秀夫
脚本:大石哲也
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
コピーライト:(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
公式サイト:http://sumaho-otoshita.jp/
公式Twitter:@sumaho_otoshita

◆千葉雄大、白石麻衣、成田凌らのSPインタビューなどを続々!!
映画「スマホを落としただけなのに」SP特集

関連番組

関連人物