兒玉遥、女優となり「人間味が増した」“アイドル・はるっぴ”からの変化語る<Interview>

2020/02/17 07:05 配信

舞台「改竄・熱海殺人事件」に出演する兒玉遥にインタビュー

舞台「改竄・熱海殺人事件」に出演する兒玉遥にインタビュー

舞台「改竄・熱海殺人事件」が、3月12日(木)から東京・紀伊國屋ホールで上演される。

同作品は、つかこうへい氏の没後10年となる2020年に開催される「つかこうへい演劇祭 -没後10年に祈る-」の第二弾。1月から上演されている菅井友香(欅坂46)主演の「飛龍伝2020」、そして命日にあたる7月に上演の「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」との3部作となる。

「熱海殺人事件」は、1973年に書き下ろされたつか氏の代表作。何度も再演を重ね、「ザ・ロンゲストスプリング」「モンテカルロ・イリュージョン」など変化してきた。そして、今回の「熱海殺人事件」では「ザ・ロンゲストスプリング」と「モンテカルロ・イリュージョン」の二本立てで上演されることに。

「ザ・ロンゲストスプリング」では、部長刑事・木村伝兵衛を荒井敦史、婦人警官・水野朋子を馬場ふみか、刑事・熊田留吉を佐伯大地、容疑者・大山金太郎を玉城裕規が演じ、「モンテカルロ・イリュージョン」では、木村を多和田任益、水野を兒玉遥、刑事・速水健作を菊池修司、大山を鳥越裕貴がそれぞれ演じる。

2019年6月にHKT48を卒業し、女優転向後2本目の舞台出演となる兒玉にインタビューを実施。出演の意気込みや、女優として活動する現在の心境などを聞いた。

馬場ふみかと同じ役

兒玉遥

兒玉遥

――本格的な舞台への出演は2本目になりますね。

この舞台は女優さんとしてすごく成長できる作品だと思うので、こういった熱量の高いお芝居に参加させていただけるというのはありがたいなと思いました。

今泉佑唯さんが出演した前回の舞台(「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」2019年)を見させていただいたんですが、私が出演した舞台(「私に会いに来て」2019年)とは全然違って、まずとにかくせりふ量が多いなって…(笑)。普段の生活とは全く違う展開のお芝居というか、独特の世界観だと思いました。私にとって新たな挑戦だなと思います。

稽古はまだ始まってないのですが、(台本を読んで)文字だけ見ていたら分からないことがいっぱいあるんですよ。難しくて。そういうところの演じ方や作り方は、(演出の)中屋敷(法仁)さんが考えてくださっていると思うので、分からないことがあったら教えていただいて、今までにない自分を出せたらと思っています。

――今回は二本立てでの上演ということで、馬場ふみかさんと同じ役を演じます。

登場する役は一緒ですが、ストーリーは全然違うので、どちらを見ても絶対に面白いと思います。(馬場さんとは)やっぱり比べられちゃうのかなとは思うんですけど、自分たちのチームもより面白い作品を作り上げていきたいなと思っています。

「舞台を見るとパワーをもらえる」 (2/3)

舞台「つかこうへい演劇祭 -没後10年に祈る-第二弾『改竄・熱海殺人事件』」
東京公演:3月12日(木)~30日(月)紀伊國屋ホール
大阪公演:4月4日(土)、5日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール ※ザ・ロンゲストスプリングのみ
福岡公演:4月11日(土)、12日(日)イムズホール ※モンテカルロ・イリュージョンのみ
作=つかこうへい
演出=中屋敷法仁
ザ・ロンゲストスプリング出演=荒井敦史、馬場ふみか、佐伯大地、玉城裕規
モンテカルロ・イリュージョン出演=多和田任益、兒玉遥、菊池修司、鳥越裕貴
公式サイト=https://www.atami2020.jp/

関連人物