「友だちのうちはどこ?」が映し出す“美しく理不尽な世の中”<山崎ナオコーラ映画連載>

2020/02/28 07:00 配信

『友だちのうちはどこ?』

『友だちのうちはどこ?』

(C)1987 KANOON

山崎ナオコーラが映画をテーマに等身大でつづるエッセイ。第12回は、間違えて持ち帰ってしまったノートを友達に返そうと奔走する少年の姿を見つめ、イラン映画界の名匠A・キアロスタミ監督の名を世界に知らしめた珠玉の感動作『友だちのうちはどこ?』(3月16日[月]よる11:00 WOWOWシネマほか)を観る。

第12回『友だちのうちはどこ?』

アッバス・キアロスタミ監督の『友だちのうちはどこ?』は、いつかは観たいと思いながら、ずっと見逃してきた名作だ。イランの田舎のジグザグ道を少年がノートを持って駆け上がるシーンには、多くの人が見覚えを持っているだろう。

八歳の少年が、間違えて持ち帰ったノートを返すために友だちの家を探す、というだけの話だ。

私は、もうすぐ四歳になる子どもと一緒にソファに座って画面に向かった。子どもにも話は結構理解できたようで、最後まで熱心に観ていた。子どもは字幕が読めないので、私がちょこちょこと説明を加えただけなのだが、それで伝わるくらいに簡単なストーリーなのだ。

観る前から大体のストーリーは知っていたので、「長閑であたたかい映画なのではないか」と予想していた。けれども、見始めると、ドキドキと苛立ちと恐怖が常に襲ってくる、結構スリリングな映画だった。

話は単純でも、細部が丁寧に撮ってあるので、どんどん子どもの気持ちに入り込んでしまう。学校も家も村も長閑な風景なのだが、子どもの目線に立つと、決して楽しいだけではない、怖い場所に見えてくる。

「これが映画というものだ」という感じがしてきた (2/3)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
友だちのうちはどこ?
WOWOWシネマ 3/16(月)よる11:00
WOWOWシネマ 4/5(日)深夜4:45

関連人物