結木滉星「僕だけが17歳の世界で」で王道恋愛ドラマに挑む 「男子校出身なので、共学で恋をしている設定は憧れてました」

2020/02/15 17:27 配信

結木滉星

結木滉星

撮影=TOWA

2月20日(木)からスタートするAbemaTV最新オリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」に、伊織役で出演する結木滉星

僕だけが17歳の世界で」は、佐野勇斗と飯豊まりえがW主演を務めるファンタジー・ラブロマンス。幼なじみの航太(佐野)と芽衣(飯豊)は、高校2年生。徐々にお互いを意識するようになり、“好き”という気持ちに気づくも、航太が突然、この世を去ってしまう。

そして航太の死から7年後、芽衣が久しぶりに故郷の地に戻ったことから、彼らの物語が再び動き出す…。

「もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい」。そんな強い想いが通じたのか、それから7年後の2020年。真冬に咲いた季節外れの桜の木の下で、24歳になった芽衣は死んだはずの航太と再会する。

結木が演じる伊織は、航太の親友で頭も容姿もよく、周囲の憧れの存在だが、航太と芽衣のどちらにも複雑な思いを抱える役どころ。結木に伊織役への思いと青春シーンへの憧れ、大切な友人への率直な気持ちなどを聞いた。

伊織は「不器用だけど、すごく人間らしい」

結木滉星

結木滉星

撮影=TOWA

――演じる伊織はどんな人物ですか?

「一言で表すと『クール』です。周りから見れば航太より伊織の方がモテるし何でもできるように見えるんですけど、彼の中にはずっと“航太には勝てない”という思いがあって。あと誰よりも責任感が強いからこそ、ある出来事がきっかけでみんなに心を閉ざしちゃうんです。自分なりに一人になることを決意して、高校時代の友達には誰にも会わないようにして。不器用ですけど、そんな伊織がすごく人間らしくて素敵だなとも思いました」

――芽衣にひそかな恋心を抱いている人物でもありますね。

「違う人を好きな芽衣を一方通行のままでずっと見ているのは苦しいですけど、あまり作りすぎずにお芝居していきたいです。そうすることでより甘酸っぱい思いで見てもらえたらいいなって。実は僕、こういう青春ものの恋愛ドラマに出演するのは初めてなんです。元から恋愛作品を見るのがすごく好きでずっとやりたかったので、出られると聞いたときは本当にうれしかった…! 伊織はこの作品のキーパーソンにもなる人間なので、しっかりと大切に演じていきたいです」

結木滉星がセリフを暗記するほど見た恋愛ドラマとは? (2/3)

■AbemaTV最新オリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」
2月20日(木)よる11時よりAbemaSPECIALチャンネルで放送(全8話)
番組URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AQvnoNRKuZCbLs
番組公式Instagram: https://www.instagram.com/sakura_neco17/

↓Amazon限定版の購入はこちら!

↓スターダストショッパーズ限定版の購入はこちら!

↓楽天ブックス限定版の購入はこちら!

↓カドカワストア限定版の購入はこちら!

↓HMV&BOOKSイベント詳細ページ 


『結木滉星カレンダー2020.04-2021.03』
撮影/神藤剛
発売日/2020年2月28日(金)    
定価 /本体2500円+税
仕様/B4、36ページ
発売 /株式会社KADOKAWA
※発売日、仕様は変更の可能性がございます。

関連番組

関連人物