“JO1”河野純喜「夢は必ず叶いますとは言いません。ただ…」<スペシャルインタビュー前編>

2020/02/21 12:00 配信

撮影中もとっても楽しそうな雰囲気のJO1のメンバー

撮影中もとっても楽しそうな雰囲気のJO1のメンバー

撮影=山下隼

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」から誕生した11人組ボーイズグループ・JO1。3月4日(水)のデビューを目前に控えた11人にインタビューを行った。

――「PRODUCE 101 JAPAN」にて、約6000人の中からたった11人に選抜されたJO1。中にはダンスや歌が未経験だったにもかかわらず、短期間でグンと成長して選ばれたメンバーも。夢をつかむために、大事にしていることとは?

河野純喜「挑戦すれば何かが変わります」

河野純喜「僕は、全くの未経験からオーディションに参加させてもらいました。苦手なダンスは本当に苦労しましたけど、その苦手だったことをマジで楽しむことを頑張りました!“好きこそ物の上手なれ”という“伝説”がありますけど…」

全員「伝説!?(笑)」

河野「はい(笑)。その言葉通り、楽しんでやれと思って。初めはしんどかったけど、誰よりも踊ったと思うし、それが苦手を克服する方法だと思います。僕はずっと夢から目を背けて大学4回生まで来た人なんです。でも挑戦ってほんまに大事やなって思うんですよ!夢は必ず叶いますとは言いません。ただ、挑戦すれば何かが変わりますと言いたい!」

全員「ウェーーーーーイ!」

木全翔也河野純喜に清き一票を!」

與那城奨「選挙か!(笑)」

【写真を見る】河野純喜が佐藤景瑚を“お姫様抱っこ”

【写真を見る】河野純喜が佐藤景瑚を“お姫様抱っこ”

撮影=山下隼

佐藤景瑚「僕は、自分一人じゃここまでこれなかったと思っているので、誰かの支えが一番大事だと思っています。周りの人を頼って、いろいろ挑戦してほしいなって」

大平祥生「僕は高校生の頃からずっとアイドルになるのが夢でした。その中でも大切にしていたのが“口に出していたら叶う”ということ。夢を口に出していれば、体が勝手にそっちの方向に動くんです」

川尻蓮「僕はダンスを十数年やっていて、今ではダンスがすごく好きで得意なんですけど、最初はやっぱりできませんでしたし、難しくて投げ出したくなる時もありました。でも、練習してできるようになると楽しさも見つけられるようになるので、苦手なことこそたくさん練習して、好きになってもらえたらなって思います」

佐藤景瑚「“ジラ”って呼んで!」 (2/2)

<JO1インタビュー後編>に続く

■JO1オフィシャルサイト
https://jo1.jp/

関連番組

関連人物