個性派女優・うらじぬののプライベートに迫る!「すてきだなと思うのは樹木希林さん、もたいまさこさん」

2020/02/21 22:00 配信

30歳の遅咲き個性派シンデレラ・うらじぬの

30歳の遅咲き個性派シンデレラ・うらじぬの

撮影=富田一也

ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)で、救急看護師・長見沙穂を演じているうらじぬの。舞台を中心に活動し、ドラマ「フルーツ宅配便」(2019年テレビ東京系)などで独特なキャラクターで異彩を放ってきた。30歳の遅咲き個性派シンデレラ・うらじのプライベートに迫る!

――女優を目指したきっかけを教えてください。

小学生のとき、社会科の授業で二人一組になって好きな時代を調べて、みんなの前で発表しようというものがあったんですね。そのときに同級生の男の子とペアになりまして、アウストラロピテクスを調べようと。普通に資料で説明するのはみんながやってるから、違うやり方はないかということで、私がアウストラロピテクスになって男の子が通訳する、というものを考えて披露したんです。それが人生で最初の「演じる」ということでした。みんなが真面目に説明する中、一組だけふざけた感じになったんですが、みんなは面白かったよって言ってくれて、こうやって楽しんでもらえるってすごくいいいなって思ったんです。そのときに女優になるぞと思ったわけではないんですけど、きっかけにはなったと思います。

――その後はどうなっていきましたか?

中学生になって短歌俳句部に入ったんですけど、途中で演劇部に変わったんです。顧問の先生が短歌と俳句に飽きちゃったらしく、演劇部やるぞ!と(笑)。私は小学校のときの経験があったので楽しそうだなと思っていました。それで地区大会とかにも出たんですけど、演劇の知識も下積みもないからひどかったですよ。自分たちはやったぞ!と思っていたんですけど、他の中学校からは散々酷評されました。高校に入ってからまた演劇部に入りまして、プロの方の舞台を見て徐々に学んでいったという感じですね。

――特技は短歌・俳句、ドラム、少林寺拳法とうかがいました。

短歌、俳句は学のころに地元のローカル紙に応募して賞をいただいてました。ドラムは大学のサークルで始めました。独学だったんですが、最近、私が所属している劇団子供鉅人の公演でみんなで曲を披露することがあって、そこで久しぶりにやりましたね。お芝居でも機会があればまた勉強し直してやりたいです。

少林寺拳法は、小学校から高校くらいまでやっていました。女の子の友達が始めたいけど、一人ではいやだから…と誘われたんですが、その子は辞めてしまって。私は面白くてはまってしまって、黒帯の二段までいきました。

あとは、プロレスもやったんですよ。劇団の公演で女子プロレスラーの役をやることがあって、みんなで習いに行きまして、そのご縁で一度、後楽園ホールで試合もさせていただきました。

「病室で念仏を唱えないでください」の撮影現場は? (2/2)

金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」
毎週金曜夜10:00-10:54 TBS系で放送

◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物