高橋光臣が北大路欣也の息子役に決定! 瀧本美織は“男装の武芸者”<剣客商売>

2020/02/23 09:08 配信

「剣客商売 婚礼の夜」に出演する瀧本美織、北大路欣也、高橋光臣

「剣客商売 婚礼の夜」に出演する瀧本美織、北大路欣也、高橋光臣

(C)フジテレビ

3月13日(金)に「剣客商売 婚礼の夜」(夜8:00-10:09、フジテレビ系)が放送されることが決定。また、今作では新たなレギュラーキャストとして瀧本美織高橋光臣が出演することが分かった。

同ドラマは池波正太郎の「剣客商売」が原作で、江戸時代屈指の剣の達人であり、剣を世渡りの手段としながら生きる秋山小兵衛(北大路)の人生を描く。

瀧本が演じるのは、田沼意次(國村隼)の娘で男装の武芸者・佐々木三冬。三冬は、時に男性をも圧倒するほどの太刀筋を持つ剣の使い手。性格的にも勝ち気なところがあり、老中という高い位にある父・田沼に対しても言いたいことはハッキリと言うため、田沼の家臣たちをハラハラとさせることもある。

瀧本が時代劇に出演するのは、「妻は、くノ一」シリーズ(2013年ほか、NHK BSプレミアムほか)以来で、刀を使った本格的な殺陣に挑戦するのは今回が初となる。

瀧本は今作の撮影に際して、「今回は男装ですし、男性と同じように殺陣を行いますので、初めての経験にドキドキしていましたが、体を動かすことが本当に好きなので、今回のような殺陣のシーンは初めてですが、女であることを忘れて獣のように演じています(笑)」と語った。

一方、高橋が演じるのは、北大路演じる小兵衛の息子・大治郎。大治郎は浅草で自身の「秋山道場」を営みながら、田沼意次屋敷の道場の師範代も務める剣客。性格的には実直で真面目過ぎるがゆえ堅物で、いまだに独身。

2019年のスペシャルから参加している「大岡越前」シリーズ(NHK BSプレミアム)をはじめ、さまざまな時代劇に出演してきた高橋は、大治郎を演じることについて「これまで先輩方が演じられてきた役ですので、“どう演じれば良いんだろう?”というプレッシャーはありました。

大治郎は剣術が達者ですが、そういう役をやりたいと思って、まだまだ勉強不足ですが、ずっと稽古をしてきたので、その成果を見せられる機会をいただいたことはうれしいです。『剣客商売』は正統派時代劇ですし、歴史的な重みもありますので、撮影中も勉強をしていきたいと思います」と語った。

そんな高橋について、主演の北大路は「たくましさ、すがすがしさ、そして優しさ、もう何とも言えませんね。このオヤジにしては、出来過ぎな息子が来てくれてうれしいです」と絶賛している。

出演者のコメントはこちら (2/3)

「剣客商売 婚礼の夜」
3月13日(金)夜8:00-10:09
フジテレビ系にて放送

4月スタート春ドラマまとめ

関連番組

関連人物