喜美子、八郎、武志のひさびさ親子3ショットにファン”もらい泣き”で視聴熱1位に!<スカーレット>

2020/02/21 18:00 配信

1位は「スカーレット」

1位は「スカーレット」

WEBサイト ザテレビジョンでは、2月20日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「スカーレット」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)11390pt

2月20日に第118話を放送。アンリ(烏丸せつこ)からパリ旅行に誘われた喜美子(戸田恵梨香)。答えを保留していると、八郎(松下洸平)が武志(伊藤健太郎)との約束を果たすためにやってくる。美術商の住田(田中美央)は元のさやにおさまるのかと勘違い。

ようやく武志が帰ってくると、その日中に名古屋に戻る予定の八郎は残された時間はわずかで…。

武志を待つ間、間が持たなくなったことから八郎は自動販売機までジュースを買いに行くことに。喜美子が頼んだ“つぶつぶ”という缶ジュースに、懐かしさを覚える視聴者も。

そして「似てる?俺とお父ちゃん」と喜美子に聞いたり、「あと2分でここ出なあかん」という八郎をつかまえて喜美子に「何か話して」と促す武志の姿。何をしゃべろうか迷った挙句に「歌、歌おうか」と言って小声で歌い出す喜美子に「声、小さっ」「なにその歌」とツッコむ八郎と武志。

そんな久々の親子3ショットでの展開に「泣きそうになった」といった声が上がるなか、八郎はその日は名古屋に戻らないことに。

八郎が武志に頼まれて、かつて新人賞をとった大皿を見せていると、武志は「聞きたいこといっぱいある」と、釉薬のことや、いま陶芸をやっていないこと、母と別れたことを質問する。

八郎は「そんなに焦らんでも今日はおるで」「いっぱい話しよ」と言い、武志は思わず涙を流した。そのやりとりに視聴者からは「もらい泣き」というコメントが相次いだ。

“グビ姉”の再現度の高さにファン歓喜<ゆるキャン△> (2/3)

◆先週、視聴熱で高ポイントを記録したドラマ&バラエティーはこちら!
「視聴熱高ポイント番組まとめ」

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆
「視聴熱」デイリーランキング

関連番組