佐藤浩市、福島の女子高生が作った黒板アートに驚き「これがチョークだっていうのが信じられない」

2020/02/23 20:24 配信

美しい黒板アートに驚きを隠せない佐藤浩市と丸山桂里奈、そして作った学生たち

美しい黒板アートに驚きを隠せない佐藤浩市と丸山桂里奈、そして作った学生たち

俳優の佐藤浩市が、2月23日に東京・新宿ピカデリーで行われた映画「Fukushima 50」(フクシマフィフティ)の黒板アートお披露目イベントに登場。元サッカー日本代表の丸山桂里奈と共に、本作の舞台である福島・県立会津学鳳高校美術部の生徒たちによる“黒板アート”の感想などを語った。

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災によって起こった福島第一原発事故。本作は、門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を映像化し、事故の最前線で死を覚悟して現場に残り続けた約50人の作業員の闘う姿が描かれている。

佐藤浩市がお披露目イベントに登場した

佐藤浩市がお披露目イベントに登場した

登場早々、佐藤は「本日はお集りいただきありがとうございます。正直…僕も趣旨が分かっておりません(笑)。黒板アートのお披露目としか…でも、早く見たいです」とおちゃめなあいさつ。

その後、当日6時間かけて製作されたという黒板アートのアンヴェールを丸山と共に行い、実際にお披露目されたアートを見ると「これがチョークだっていうのが本当に信じられないような色味の使い方というか。ビックリしちゃう」と驚きを隠せない。

一方、丸山は「私も(本物と)どっちが佐藤浩市さんかな?って思うくらい、本当に出てきたときにあれ?って思うくらい(笑)。それくらい本物の感じなので…」と独特の表現で絶賛。

これに佐藤は腰砕けになりながらも「あ、(渡辺謙と)どっちが佐藤浩市か分かんないって言っているのかと。そういうことじゃないよね。油絵なのかなって思うくらい、すごいなあ…」と感心していた。

丸山が吉田氏との思い出を明かす (2/2)

映画「Fukushima 50」
3月6日(金)全国公開

出演:佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、堀部圭亮、小倉久寛、和田正人、石井正則、三浦誠己、堀井新太
金井勇太、増田修一朗、須田邦裕、皆川猿時、前川泰之、Daniel Kahl、小野了、金山一彦、天野義久、金田明夫、小市慢太郎、伊藤正之、阿南健治
中村ゆり、田口トモロヲ、篠井英介、ダンカン、泉谷しげる、津嘉山正、種、段田安則、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美
監督:若松節朗
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA 
配給:松竹、KADOKAWA
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
公式HP: fukushima50.jp

4月スタート春ドラマまとめ

関連番組

関連人物