玉城ティナ、お茶目なエピソードを披露「最初にお話を頂いたときに…」<そして、ユリコは一人になった>

2020/03/03 12:21 配信

ドラマ「そして、ユリコは一人になった」の記者会見に出席した玉城ティナ

ドラマ「そして、ユリコは一人になった」の記者会見に出席した玉城ティナ

(C)カンテレ

3月5日(木)スタートのドラマ「そして、ユリコは一人になった」(毎週木曜夜0:25-0:55※初回は夜0:26-0:56、カンテレ)の主演を務める玉城ティナが、初回放送を前に、大阪のカンテレ本社で記者会見を行った。

同ドラマは、とある高校に代々伝わる“ユリコ様伝説”によって起きる連続死の真相を追うミステリードラマ。

【写真を見る】玉城ティナ、難しい役どころに挑戦

【写真を見る】玉城ティナ、難しい役どころに挑戦

(C)カンテレ

今回ミステリードラマ初挑戦となる玉城は、主人公・嶋倉美月を演じるうえで心がけたことを聞かれると「美月は謎めいているんですけど、ある意味ストーリーテラーのような役割もしていて、一番視聴者の方と近いキャラクターでもあるのかなと思っています。ミステリアスである以上に、もっと奥が深い役柄に見えるように表情や声の出し方で、他のキャラクターと差別化ができるように心がけました」と、難しい役どころにも臆さずに臨んだ様子。

続けて、「最初にお話を頂いたときに、ユリコ様の役なのかなって勘違いしました(笑)。けれど読み進めていくと、美月の方が私にぴったりだなと思いました。ミステリアスさだったり、何を考えているのかわからない感じは、自分で出しているつもりはないんですけど周りに言われたりするので、自分と良い風に合わさって、美月というキャラクターになれたらと思いました」と、役を勘違いするというお茶目なエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。

さらに、ドラマタイトル「そして、ユリコは一人になった」の“ひとり”にちなんで、一人で行動することがあるかと聞かれると「一人で旅行も行きますし、もちろん一人でごはんも食べますし、一人っ子なので一人でいる環境がすごく当たり前で育ってきているので、楽しんで一人の時間を過ごしています!スケジュールにあまりしばられずに、気楽にいける一人旅が好きです」と、アクティブな一面を見せた。

俳優・佐藤二朗がクリエイティブアドバイザーとしてドラマに参加 (2/2)

「そして、ユリコは一人になった」
3月5日(木)スタート
毎週木曜夜0:25-0:55 初回放送は夜0:26-0:56
カンテレで放送(関西ローカル)
※U-NEXTでは毎週金曜朝10:00配信

出演=玉城ティナ 岡本夏美 小越勇輝 紺野彩夏 柴田杏花 森迫永依 天野はな
   大原梓 中尾有伽 野々村はなの 小平大智/平岡祐太
クリエイティブ・アドバイザー=佐藤二朗

▼公式サイト
 https://www.ktv.jp/konomys/yuriko/

◆2020年4月春ドラマ一覧!◆
4月スタート春ドラマまとめ



◆2020年4月春アニメまとめ!◆
4月スタート春アニメまとめ

関連番組

関連人物