<Fukushima50>公開はなぜ今? 佐藤浩市「風化しちゃいけない、痛みを語り継ぐため…」

2020/03/05 04:35 配信

映画

「Fukushima50」記者会見に登場した佐藤浩市(右)と、渡辺謙
「Fukushima50」記者会見に登場した佐藤浩市(右)と、渡辺謙


3月4日に東京・外国特派員協会で行われた映画「Fukushima50」の会見に、主演の佐藤浩市渡辺謙、監督の若松節朗、製作代表を務める角川歴彦らが登壇し、本作への思いを語った。

3月6日(金)に公開される本作品は、ジャーナリスト・門田隆将によるノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)が原作。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、想像を超える被害をもたらした福島第一原子力発電所、通称・イチエフ。その現場に残って対応を続けた作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。

本作ではそんな作業員たちにスポットを当て、あの現場で一体何が起きていたのか、その知られざる真実を描いていく。

映画「Fukushima 50」
3月6日(金)全国公開
出演:佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、堀部圭亮、小倉久寛、和田正人、石井正則、三浦誠己、堀井新太
金井勇太、増田修一朗、須田邦裕、皆川猿時、前川泰之、Daniel Kahl、小野了、金山一彦、天野義久、金田明夫、小市慢太郎、伊藤正之、阿南健治
中村ゆり、田口トモロヲ、篠井英介、ダンカン、泉谷しげる、津嘉山正、種、段田安則、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美
監督:若松節朗
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA 
配給:松竹、KADOKAWA
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
公式HP: fukushima50.jp

関連番組

関連人物