<エール>RADWIMPS・野田洋次郎が“朝ドラ”初出演!新キャスト6名が発表

2020/03/06 15:55 配信

“朝ドラ”初出演!RADWIMPSの野田洋次郎

“朝ドラ”初出演!RADWIMPSの野田洋次郎

(C)NHK

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを演じる3月30日(月)スタートの連続テレビ小説「エール」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の新キャストにRADWIMPS野田洋次郎ら6名が発表された。

本作は、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。

窪田は、福島で代々続く老舗呉服店の長男で、気弱でいじめられがちだったが音楽と出会い、その秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を演じ、二階堂が裕一の妻となる関内音を演じる。

今回発表されたのは、東京で新生活をスタートさせた裕一と音が出会う個性的な人々。レコード会社の専属作曲家として働きはじめた裕一と、オペラ歌手になるために音楽学校に入学した音を支えていく。

裕一と同期でレコード会社に採用された作曲家・木枯正人を演じる野田は“朝ドラ”初出演。「かつて日本の音楽の礎を築いた方々の人生を、少しながら追体験させてもらえる機会を頂き嬉しく思います」と喜びを語った。

その他、レコード会社の秘書・杉山あかねを演じる加弥乃、裕一らの良き相談相手となる梶取恵を演じる仲里依紗、早稲田大学応援部五代目団長・田中隆を演じる三浦貴大が“朝ドラ”初出演となる。

また、新しい出演者の発表に窪田は「皆さんと一緒に芝居ができて本当に幸せです。強い魂とエネルギーでその時代を生き抜いたんだと想像させてくれる。毎日の撮影が刺激的で笑いも絶えません。音楽と芝居でどんどん加速していくエール、どうぞご期待下さい」とコメントを寄せた。

新たに発表された出演者には、レコード会社のディレクターに古田新太、喫茶店の店主に野間口徹も決定している。

新キャストコメント紹介! (2/3)

連続テレビ小説「エール」
2020年3月30日(月)スタート
朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

関連番組

関連人物